×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冷たくなれない雨の少女


[Return Index]

 現実だった。
 あの人が消えたことも、今この島で殺し合いが始まったことも。


 里村茜には目的があった。
 あの雨の空き地へ帰ること。
 あの場所に縛られることで、輝く季節に自分を繋ぎ止めていられること。
 心のどこかで逃避だとわかっていても、それを自身で認めるほど強くはなかった。

 だから、こんな所で殺されるわけにはいかなかった。
 右手に握りしめたナイフに目を落とす。
 あの雨のように冷たい決意をその手にこめて。

 ふと目をやると、見慣れた顔が目に入る。
 学校の後輩だった。
 上月澪、茜にとって大切な人の一人だ。
 そう、大切な――。
 握った右手に汗が浮かぶ。
 大きく深呼吸をして、ゆっくりと、歩き出した。

 澪が抱き着いてくる。
 涙が、茜の制服を濡らした。
 茜の胸に顔を埋め、声もなく泣いている。
 つまり、こちらの動きは見えていない。
 その姿に、茜はためらいを覚えた。
 決意が、揺らぐ。

 生き残って帰る為に、非情で冷徹な、殺人者になるという決意が。

 その為に与えられた試練だった。
 この少女一人殺せなくて、どうしてあの親友まで殺せるのだろうか。
 誰かが言った。
 ――殺せ、と。
 茜は右手を振り上げる。
 同時に、澪との様々な思い出が、巡る。
 ――本当に、そんなことをしてもいいの?
 さっきとは違う声がする。
 あの人のこと、空き地のこと、詩子のこと、澪のこと。
 答えは一つしかなかった。

「ごめんなさい……」

 茜は、その手を、降り下ろした。

 涙が伝う。
 自分の頬を、そして、澪の頬を。

 自分とは違う涙の気配を感じて、澪は顔を上げた。
 ごめんなさい、という声と同時に、ナイフを持った茜の手が動く。
 そして、澪の肩を掠めて、そのままナイフは茜の手から滑り落ちた。

 澪は状況がつかめず、ただうろたえた。
 茜は澪の制服をつかみ、ゆっくりと膝を折る。
 地面に膝がつき、顔を伏せる。
「ごめんなさい……ごめんなさい……」
 誰に対する謝罪だろうか。
 乾いた地面に涙は吸い込まれ、声を上げて、茜は泣いた。

 空から降り注ぐ温かな光が彼女を包む。
 優しい風が、茜の涙をさらっていった。
 悲しみの涙をふくんだ風は空高く舞い、雲の向こうへと消えていった。

[←Before Page] [Next Page→]