×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雪路の果て


[Return Index]

星が輝いているのかも知れない。
さんさんとした夜と、柔らかな風の心地が、今日は晴れていると確信させた。
光は届かない。けれど、風も優しい。
その匂いと、肌で感じ取れる闇の美しさ、緑の雫、それらすべてが、
「今日の風は、百点満点だよ」
――それを、証明していた。

それが、すごく、悲しかった。

わたし、川名みさき(028番)は、何処かに向け、歩いていた。

ここは死の淵。
人殺しが許容される場所。
まだ夕焼けが見る事が出来る時間までは遠い。
あと、何時間も、何時間も、生き残らなければいけない。

どうしてこんな事になったのだろう。
目が見えないわたしにとって、殺人者はわたしをただの案山子と見るだけだろう。
でくの坊のように立ちつくすわたしを、ただ、殺しに来る。
誰かがきっと、殺しに来るのだ。

浩平君、澪ちゃん、雪ちゃん。
自分と同じく、この殺し合いに巻き込まれた友達。
もう一度逢いたかったけど、
それよりも、彼らに生き残って欲しかった。
大好きだったから。本当に彼らが、大好きだったから。

学校のような建物が見つけられたら、と思う。
そこに至る事が出来れば、わたしは満足だ。どうせ生き残る事が出来ないなら、もう一度――。
けれど、見も知らぬ土地で、自分が上手く行動出来るかなんて判らない。
浩平君が手を牽いてくれて初めて、わたしは「あそこ」から出る事が出来たのだ。
わたしが今連れてこられた場所は、学校の雰囲気とは程遠い、狭い空間だった。
支給品を一応手に取り、わたしは、そこから歩き出した。
捜すために。けれど、けれど――。

一人でなんて歩けないよ。

けれど、わたしは歩き出した。震えているのは、もっとつらい。

がたがたと脚を振るわせながら、わたしは島の中を徘徊する。
見知らぬ土地を歩くのは、やはり、怖い。

誰か知り合いが見つけてくれる事を祈っているわけでもない。
風が綺麗で気持ちいいから、学校にたどり着けないのなら、ここで、
風の中で、果てるのもいいかも知れないと思ったから。

数分ばかり歩くうちに、森の風がざわめくのを感じた。
薄暗い気配を、耳と肌で直感したのだ。
本当に薄く、弱い気配だけど、やはりそれは幻ではない。
がさりと言う音が聞こえたのだから。
わたしは息を呑んで、覚悟した。
けれど、薄い希望が胸を取り巻く。きっと目の前に立っているのは、浩平君か雪ちゃんだ。
だからわたしは、申し訳ばかりに持ってきた、支給品の入った鞄をその大地に落とした。
浩平君や雪ちゃんと、殺し合いなんてするつもりはないんだよ。
そんなの、すごく悲しいよ。すごく、つらいよ。
だから、殺し合いなんてしようとするのは止めてね。

浩平君や雪ちゃんなら、わたしを見て、きっと、笑ってくれると思ったから、
きっと、目の前でわたしの顔を見て、ほっと息を吐いて笑っている筈の友達に向けて、
わたしも、笑った。

「――お前は」

太い声は、聞き慣れない他人の声。
そっか、――違ったか。会えなかった。
でも、良いや。
泣かないでおこう。

最後まで笑って――死ぬ事にしよう。

手を広げて、わたしは踊る事にした。
幸い、踊るには充分な広さだ。
目の前の人には、自分の姿は滑稽に映る事だろう。
けれど、そんなの構わない。
せっかくのこの美しい風の中で踊らない方が、余程不健康だ。

「何故、笑う?」

声は云った。

「俺はお前を殺すかも知れないのだぞ」
「別に、構わないよ」
「泣かないのか? 俺はお前に拳銃を向けているんだぞ」
他人事のように笑って、わたしは返事をする。
「そうなんだ」
それを聞いてか――声は、一瞬震えたような気がした。
風がまだ強い。わたしの長い髪をふわりと浮かせる。
「お前は、目が」
そう、訊ねたのだろう。
わたしは笑って、頷いた。
「見えないよ。あなたがどれだけ恐ろしい形相をしてるかも見えないし、
 あなたが本当に拳銃を持っているのかも判らない、わたしはそんな娘だよ」

戸惑いがあったのだろう。風が少しだけ乱れている。
美しい風に相応しい、心地よい惑い。
「殺すなら、殺しても構わないよ」
わたしは投げやりに呟いた。
「簡単に殺せるでしょ?」
だが、男は不快げに、こう呟いた。
「――馬鹿者」

――さて、
どうしてこのような事になっているのか。
先程までわたしの前に立っていた青年――坂神蝉丸(040番)は、わたしの手を牽いて、
森の中をざくざくと進んでいく。
わたしの脚の早さに併せた、しかししっかりとした歩みだった。
「どうして、わたしを連れて行くの? 目が見えないわたしなんて、足手まとい以外の何でもないよ」
疑問に思ったので、わたしは訊ねた。
わたしに逆らう術はない。「付いてこい」と言われれば付いていくしかない。
しかし、足手まとい以外の何者でもないわたしを、殺すのに躊躇したのだとは云え、
連れて行く義理などない筈で。
蝉丸は、――だが、心底、太く、逞しい声で答えた。

「――馬鹿者。弱者を守るのが、強化兵の――俺達の役目だ」

こうして、わたしと彼の旅路は始まったのである。
浩平君にも雪ちゃんにも会えるかも知れない。
僅かな希望の光と、辺りを包む闇、そして風が、本当に心地よい。
手は優しく大きい。まだ彼を完全に信頼出来るわけではない、けれど、暖かかった。
浩平君の手に似ている、と、少し、感じた。

【川名みさき 坂神蝉丸と行動開始。】

[←Before Page] [Next Page→]