×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 ん……
 何だ……

 俺は、身体を襲う荒い痛みに目を覚ました。
 薄く目を開けて見てみると、どこかで見た事のあるような女の子が、俺の身体を縛る縄を
 解いていた。確か、この子は――
「にゃあ。お姉さん、解けそうですか?」
「ん……多分……」
 黒い髪。田舎っぽい顔立ち。そして何より、この触角……
(理緒ちゃんか)
 チャンスだ。
 こいつはとっぽい上に、俺に惚れているはず。こいつと、もう一人いるらしいバカ女を始末して
 持っている武器を奪えば、生き延びるチャンスが出てくる。
 例のメス女と乳くせぇガキのせいでふざけた目に遭ったが、やはり危機と好機は交互に訪れるもんだ。
「……解けた! 藤田くん、大丈夫!?」
 理緒が縄を放り、俺の頬を叩く。だが、ここではまだ目覚めない。どうせこのおめでたい女の事だ。
 俺が気絶した振りをしていれば、負ぶって連れていこうとするだろう。
 その時、首を絞め落とし……もう一人のガキを叩き殺せばいい。
 俺がそんな事を考えていると、理緒は困ったような調子で、
「心臓は動いてるから、生きてるよね……仕方ない、おんぶしてあげよう」
「にゃあ。お姉さん優しいです」
(来たァ〜〜〜)
 俺はかすかに口元をほころばせた。身体じゅうの力を抜き、理緒にされるがままに負ぶさる。
「サンキュー」
 俺はぐいっ、と理緒の首を固めた。
「きゃ!?」
 後はこのまま動転して、何もできないままくたばるだけ……
「えいです!」
 ぴ!
「!?」
 身体を駆け抜ける刺激、直後に硬直。俺はのけぞり、理緒の背から落ちた。

[←Before Page] [Next Page→]