×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結界の攻防(アナザー)


[Return Index]

スフィーは到着と同時に流れ出る魔力をかき集めながら芹香の背中を叩く。
「3分耐えて。リアンを連れ戻すから」
 芹香はコクンとうなずくと、結界の強度を増した。
「何で連れ戻すのよ!!」
 綾香が現れたばかりのスフィーにくってかかるが、スフィーはそれを相手する
時間も面倒だと言わんばかりに怒鳴りつける。
「結界内の力が強すぎるからよ!!リアンじゃ無理だし、今の私でも無理!!!!
この子に対するにはそれなりの準備と時間が必要なの!!!!」
 そう言いながら呪文詠唱に入ったリアンを南が眺め見る。
「――――――なるほど――そういう事――」
 南の呟いた言葉を聞き取れたのはすぐ側にいた佐祐理だけだった。

「3分で戻ります。もし戻らなければ私達2人を見捨ててここから待避してくださいね」
 そういうと、スフィーはリアンに寄りかかるように倒れ込んだ。
 みるみるうちにスフィーの体がしぼんでいく。
 魔力=体力と言わんばかりに。

「芹香姉さん大丈夫?」
 綾香の問いかけに対して芹香は汗を流しながらコクンとうなずくだけだ。
 その瞬間も神奈備命からの攻撃は一向に止まない。

 約束の3分が経過し、リアンとスフィーは今だ意識を取り戻さない。
「舞!!!!」
”バリーーーン”

 佐祐理の悲痛な叫び声と同時に――――状況は一変した。

 牧村南が懐から手裏剣を投げつけるのと、芹香が保っていた結界がはじけるのはほぼ
同時だった。

 南の投げた手裏剣は舞の体に向かい突き刺さったかに見えた。
「ぽんぽこタヌキさん!」
 舞はそう呟くと南に向かって一気に詰め寄る。
「あれを裁ききれるの!!」
 南は捨て台詞を吐きながら一気に後ろへ飛びすさりながら手裏剣を投げつける。
 狙いは、リアン。同時に4枚投げつける。

 そのうち2枚を舞が弾き落とし、1枚を綾香が踵ではじき返すが、1つはリアンの腕に
グサリと突き刺さる。
 だが、リアンはピクリともせず、ただ刺さった部分から紅い血が流れ出す。

「あんた!!どういう了見だい!!」
 怪我をしたリアンを抱きかかえながら綾香は南に向かって怒鳴りつける。
「ふふ。内緒です――――――――よっと」
 舞の繰り出す竹槍を身軽にかわしながら南は綾香の問いかけに答えを返す。
 そして、そんな最中暴走した神奈の光弾が、あたり一面に降り注ぎ始めた。
 芹香は必死に失った防壁を微量ながら形成してスフィーを守り続ける。

「うわったったったったった!!舞さん。姉さんこれは以上ここにいるのは無理だから
早く逃げて!!!!」
 綾香の問いかけに首を振る芹香。しかし、そんな芹香を捕まえて一気に走り出したのは
芹香が守ろうとしたスフィーだった。
 前の身長から比べると2/3程度になってしまったろうか、見た目すでに小学生という
状態までスフィーはしぼんでいたが、それでも芹香と自分を守る結界をかろうじて張り
ながら、一気に山を下る方向へ走り始めた。

「みなさん遅れてゴメンナサイ。この山を下った所に小屋が一件あったからそこで
落ち合いましょう」
 綾香はスフィーの言葉にうなずき、スフィーとは別の方向へ下っていった。
綾香の腕に抱きかかえられていたリアンは苦しげな息をもらしながら、今だ気を
失っている様だ。
 他の人も気になるけど、今の優先順位はこの子を安全な場所で見ること。
 綾香は自分で自分に言い聞かせ、一気に山を下る方へ走っていった。

「舞さん、あとで山を降りたところで落ち合いましょう!!絶対来るのよ!!」

 その台詞を舞はコクっとうなずきながらも、目の前にいる南に対して攻撃する意志を
無くしていなかった。
「せめて少しはここで死んでくれないと、あとで困るから。舞さんゴメンナサイね」
 南はそう言って、手裏剣を佐祐理に向かって投げつけると同時に、山を下る方へ走り出した。
 舞は南を倒す事を断念し、佐祐理に投げつけられた手裏剣を竹槍ですべてはじき返す。
 が――――――――

「危なっ!!」

 神奈が一面に放った光弾が、舞に突き刺さる瞬間、佐祐理は舞の背中を庇うように
抱きかかえていた。
 舞と佐祐理はその衝撃で地面に叩き付けられる。
「佐祐理!!佐祐理!!」
 舞は地面に倒れながら自分を抱きかかえてくれる者の名を叫び続けた。
「離せ佐祐理!!ここから離れる」
 舞の叫びに対して、佐祐理はいつもの微笑を浮かべながら小さな声で呟いた。
「舞を守って死ねるなら――――本望ですわ」
 舞は後ろから抱きかかえている佐祐理を振りほどこうと、体を揺さぶる。
「お願い――――最後まであなたを抱きしめさせて――――」
 舞は、佐祐理の台詞に、振りほどく事を止めるしかなかった。
 たぶん最後に私がかなえてあげられる事。でも――――

「佐祐理!離せ佐祐理――――離せ!!!!
 離して――――佐祐理――――お願いだから――さゆり――――さゆり――――」
 舞は地面に倒れ伏して泣き崩れた。
 さっきまで自分を抱きしめていた力はもう感じられない。
「さゆり――――――――!!!!!!!!」

 神奈の光弾が止まったのは、ちょうどそのときだった。

 舞の絶叫は山の麓に届かんばかりにあたりに響き渡る。
 空は赤らみ始め、あたりを悲痛な叫び声がこだまする。

【035倉田佐祐理  死亡】

[←Before Page] [Next Page→]