×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まっくろのろぼっと


[Return Index]

ぱぁん、と。破砕音のようなもの。
後は聞こえない。風を切る、風が巡る、ぐるぐると回る景色。
何も力は要らない。全身に走る衝撃が、祐一の身体をねじ曲げ、踊らせた。
人形のように。
肩に、足に、再び肩に、腹に、胸に、あ、これはヤバそう、再び腹。
最後に肩を撃たれ、身体が回る。左足を軸として、きりきりと回転する。
そのまま勢い良く身体を打ち付ける。壁か?弾んだ。
教会の扉。逆さまに見えた。ああ、何だ、床だったのか。そして落ちた。
上手い具合に仰向けになった。ステンドグラスから差し込む、暗い光。紅い。朝日だ。
ステンドグラスの向こうは、雲があるだろうか?それとも、晴れているのか。どっちだろう。
何故かどうでもいい事ばかり思い浮かぶ。何か思う事があるだろう?何だっけ。
ああ、そうか、茜だ。茜。そういや、よく見えなかった。どうなったんだ?
起き上がる。動かない。おかしい。動かそうとしても、動かない。動いていない?
参った。せめて首だけ動いてくれりゃ良かったのに。
詩子の顔。驚きと、哀しみと、苦痛に歪んだ顔。素材は良いはずなのに、何だか可愛く見えない。
もったいないな。お前は、そんな顔じゃなくてだな。そう、小悪魔的な?よく分からん。
ふと、詩子の顔が変わった。いつもの顔。笑顔だ。そう、それだ。口から血が垂れてるが、まぁ合格点だ。
だけど目が違った。哀れむような目。悲しむような目。もう、どうしようもないとでも言うような目。
何だ?どうしたんだ。どうしてそんな目で見るんだ。
口が動いていた。何かを言っている。何だ。よく、聞こえない。
「――鹿ね―祐――」
聞こえない。もう少し、大きく言ってくれ。そう思った。
その時、不意に、音が戻ってきた。まるで、テレビの音量が大きくなっていくように。
その代わり、足の感覚が無くなった。まるで腰から先が無くなったように。
「茜を、助け――ったんでしょ?それで、それなのに、そん――撃たれて」
所々、聞こえない。一瞬、電波が途切れるように。
次は、腕。指先から、まるで溶けていくように。床から伝わる冷たさが、消えた。
今度は、はっきりと聞こえた。
「――へへ。あたしたち、バカみたいだよね、ずっと、がんばって。でも、あかねに」
「―――」
分かる。今、祐一は、確実に喋る事が出来る。間違いは無い。感覚で、分かるのだ。
ぽかんと開いていた口は、今は閉じられていた。それは、もう一つの確信。
次に口を開けば、自分は、消えてしまう。そうだ。迂闊に、口は、開けない。
両腕の感覚が消えた。残るは、胴と頭。待っていても消える。口を開いても消える。
どうせなら、茜に何か言っておきたかったんだけどな。まぁ、無理な話か。
「あかね、どうしてるのかな。見える?みえないか。へへ。だいじょうぶ、あたしも見えない」
「―――」
詩子は、壊れたロボットのようだった。光を灯さない眼。開かれたままの口。泣いていた。
泣きながら。いや、泣きつつも、すぐ側にいる"筈"の、旧友に話し掛けている。酷く、酷く悲しい光景。
彼女は、もはや、何も見えていないのだ。
「ゆう、いち。あたし、たち、いっしょに、なれ、る、かな?」
「―――」
「私と――祐一と、茜で。三人――一緒――死んでも――だよね?」
妙に、明瞭な声。言い終えた途端、すぅ、と。詩子の身体から、まるで、何かが抜け落ちるような。
口を開く。胴が、消えていく。腰。腹。もう数秒と無い。
詩子。まだ、聞こえるか?聞いてろよ。聞き逃すなよ。これが、最後だ。
「――ああ、みんな一緒だ」
ふっ、と。全てが消えた。

[←Before Page] [Next Page→]