×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Farewell-song/別れの詩


[Return Index]

「詩子っ!」
 駆け寄る。親友の下に。
 大好きな幼馴染み。
 そして、今、彼女の命は失われようとしていた。
「詩子! 詩子!
 ごめんなさい、私……私は……っ!」
 茜は詩子の体を起こし、支えた。
 言葉はもう、言葉にならない。
 狂っていた自分自身に気付き、それでも甘んじて、彼女を撃った。
 撃ってしまった。
 撃ってしまったのだ。
 いっそのこと祐一まで撃ててしまえば、完全に振り切ってしまえば。
 ここまで苦悩することはなかったはずだった。
 だが自分は、銃を取り落とした、撃てなかった。
 一番辛い状況を、図らずとも自ら招いてしまった。
 それが、彼女に与えられた罰なのだろうか。
 現実はどこまでも深く、暗く、切なかった。
「……あ、かね?」
 詩子が目を開く。
「詩子! 詩子!」
「おい詩子、しっかりしろ!」
「茜、祐一……あはは、目が、見えないよ。
 そこに、いるんだね?」
 体を血に染めて、何も写さない瞳で、詩子は喋った。
「詩子、喋るな!
 今助けてやるからな!」
 祐一は叫ぶ。
 その言葉に何の説得力もないことを、この場にいる誰もが悟っていた。
「……詩子……私、ごめんなさい……。
 ……ごめんなさい……」
 何人もの命を殺めてきた自分が何を言うのだろうと、茜は思った。
 それでも、救いを求めずにはいられなかった。
 詩子が何を言うかはわかっていた。
 ずっとずっと、親友なのだ。
 誰よりも共にいた、親友なのだ。
「……気にしちゃだめだよ、茜」
 思った通りの言葉だった。
 その言葉が更に、茜の心を傷つける。

 悲しみの環は回りつづける。
 窓から差し込む朝日が、三人を包んでいた。

「……あかね、ゴメンね?
 あかねの苦しみを、包み込んであげたかったのに……
 ……ごめん、ね……」
「……そんなことないです!
 ……詩子がいたから、詩子がいたから!
 ……あの人が消えてしまっても、私は私でいられたんです!!
 ……そんなこと、言わないで下さい……」
 溢れる涙は止まらない。
 詩子はその涙を拭おうと手に力をいれようとする。
 動かなかった。
「あかね、あたしを撃って苦しんでるよね。
 ……あたしの言葉に傷ついてるよね?
 悔しいなぁ……肩代わりできないんだ……」
 力なく、笑う。
「……そんなこと、言わないで下さい……」
 詩子の温かさが伝わる。
 彼女は決して、本気で茜を苦しめる為に言ってるわけではなかった。
 そんなことは茜にもわかっていた。
 だから余計に、痛みを伴う温かさが辛いのだ。
「……ねぇ、あかね……今までいろんなことがあったよね?
 公園で始めて会った日のこと、まだ覚えてるよ。
 幼稚園に入る前の話なのにね」
「……そうですね。次の日、同じ幼稚園に詩子がいるって知った時は、驚きました」
「……あかね、あの頃から、不思議な女の子だったよね?」


 二人の昔語りは続く。
 それはまるで詩のようで。
 少しずつ「終わり」に近付く、別れの詩のようで。
 祐一は二人の横で、晴香は離れたところで。
 深い絆で結ばれた二人の詩を、静かに、静かに、心に刻んでいた。

 昔語りは教会を包み。
 茜の心を、祐一の心を、少しずつ癒してゆく。

 終わりは必ずやってくる。
 そう遠くない未来に。

「……あかね……?」
「……何ですか?」
「……あかねは、ずっとずっとあかねのままだから。
 ……だから、あたしはずっと、あかねが大好きだよ」
「……私もです……」
「今は辛いかもしれない、けど。いつか必ず……救いはやってくるから。
 それまで、頑張ってね……」
「……はい」
「……祐一、よろしくね?」
「あぁ、あぁ任せておけ」
「……あかね、あかねが何に捕われているかは、わからない、けど。
 ……それだけは、だめだから。
 ……いつか、想い出かえないと、捕われたままなんて、そんなのだめだから」
「……はい……」
「……祐一が、手伝ってくれるよ。ね?」
「あぁ。ずっと、茜の側にいる。今度は絶対に約束する。
 最後まで、茜を守ってみせる。だから……」
「……あたりまえ、だよ。
 ……疲れちゃった、かな。
 ……ねぇ、あかね、祐一?」


 ―――ずっとずっと、一緒だよね? 私達―――


 羽音が響く。
 飛び去った鳩達が集う。
 握った詩子の手から、力が失われた。
 想いは受け継がれる。
 これから先、無限の罪の十字架を抱えながら「生きていく」のだ。
 そう、「生きていく」。
 それは茜の背負う罰。
 それでも最後には救いがあることを願って、詩子は逝ったのだ。
 終わらない苦しみの中で、どんなに辛い旅かわからないけれど。
 祐一も側にいる、詩子も応援してくれる。
 歩き出そう、ここから。
 生きて帰ろう。

 あの空き地に、いつの日か、笑って立てるように。

[←Before Page] [Next Page→]