×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冬の、終わり


[Return Index]

「遅くなったな……名雪」

祐一はまずそう言った。

「悪かったな……、あの時とは反対だ。
 結局、俺は逃げてばっかりだった」

「……いいよ。
   ――祐一」

名雪――秋子はにこっと笑って答えた。
もう、動くところは首より上だけ。
それだけの満身創痍。
でも――。

「戻って、来てくれたんだから」

――彼女は笑みを絶やそうとしない。

「なあ、……俺はどう償えばいいんだ?」

本当は分かっていた――。
秋子さんでも、名雪でも――。
彼女が語る思いは、どれも真実で――。

「……ダメだよ、祐一」

俺は、それに応えなくちゃいけないってことに――。

「もう決めちゃったんだよ……」

「そう……なのか」

「うん……」

「イチゴサンデー、十個でも、か?」

「もう、イチゴサンデーは品切れ」

秋子の笑顔は、とても柔らかで、穏やかで。

「でも……いいの。
 分かった……。
 戻ってきたあなたは、本当の祐一。
 結婚式はあげられなかったけど、
 祐一が居るなら――」

かろうじて立っていた秋子が、
いきなり崩れ落ちようとする。

「秋子さん!?」

駆け寄って、倒れる前に抱き寄せて。
そして、なんとか秋子を支える。

「ほら……また……」

「……ん?」

「お母さんじゃ……ないよ。
 名雪、だよ……」

「……そうだな」

秋子の腹から突き出た刀が、ちくちくと痛い。
だがそんなことも気にせず、
祐一も、秋子も強く抱きしめあう。

……ホントはね。
 きっとこれで良かったと思うんだ。
 ただ、こうして抱きしめてもらえれば、
 それだけで――」

すっ、と秋子の体から力が抜ける。
だが祐一は、秋子の体を強く抱いて離さない。


        ・


「――ありがとう、祐一さん――」


        ・


止まる。


ようやく止まる。


痛みだけで彩られた、


悲しい、紅い雫が。


果たせなかった想いを解き放って。


とうとう……消える。


【水瀬秋子 死亡】

[←Before Page] [Next Page→]