×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 宮内レミィ(女子・094番)のポケットから、大量のもずくが溢れ出しているのを見て、北川潤(男子・029番)は思った。

 制服のスカートにはポケットがあるんだ、僕はまだまだ女性の事なんてほんの少しも判っていないな、と。

 もう一度、よく見てみると、もずくの中に、きらきらひかる欠片があった。
 それを北川は手に拾い上げ、目で凝視した。
 きらきら光る欠片は、なにかどこかで見た事があるものだった。
 これ、CDなんじゃないか? そう思うまで、時間はかからなかった。

 「おい、レミィ、預けたCD、かばんに入れてなかったのか?」
 「えっと、全部ポケットにいれてたヨ!」

 なんと、宮内レミィはポケットにCDを入れていた!

 「にこにこぷん……」

 レミィはCDが割れた事実に気付き、そう声をあげた。

 「もう、にこにこぷんは見られないの? ジュン!」

 「あぁ、見ることはできない、かもしれない。しかし、ここをうまく抜けられたら、そのときは、ふたりでにこにこぷんを見よう!」
 「抜け出したら、にこにこぷん、見れるの?」
 「あぁ、きっと君に見せてみせるよ。その為にもここを抜け出す方法を考えよう!」
 「そうだね、ジュン。ともかくプラス思考ね!」

 とりあえず相談の結果、僕たち二人はレミィのスカートをキレイに洗浄するために、池を探すことになった。

[←Before Page] [Next Page→]