×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生者の叫び声


[Return Index]

乾いた銃声。
その残響が収まると共に、タタ・タ・タという電動音が聞こえた。
銃弾は北川の頬をかすめ、釘はスフィーの首筋を逸れながら胸元へと立て続けに吸い込まれる。
「あくっ!」
苦悶の声は一つ。胸元に七本の釘を突き立てたスフィーが、一歩、二歩と後方によろけた。
異物を柔肌へとねじ込まれた痛みに、一度は止まった涙が再びあふれ出す。
しかし、視線は北川からぴくりとも外さない。その瞳から光が失われることもない。

――このくらい! 結花はもっと、もっと痛かった!

よろけた足にぐいっと力を込め、精一杯の気力を込めて両腕を前に突き出す。
そして再びスフィーの拳銃が、銃口から灼熱の塊を放った。
「……ちぃっ!!」
舌打ちしつつ、ギリギリの所でその銃弾を回避する北川。
横っ飛びをした方向が悪かったか、受け身に使った腕が酷く痛んだ。

――構うかよ! レミィに比べれば俺の傷なんか屁でもねぇ!!

スフィーの胸に突き立った釘の周辺の衣服が、じわじわと紅に染まっていく。
痛みを押し殺し、身を屈めたまま北川が再び釘を放つ。
タ・タ・タ……タ……と、釘が飛び出す度に手に届く反動が、じわじわと弱まっていく。

――電池切れかっ!!

自分の運の悪さを呪いつつ、威力が低下していく電動釘打ち機を捨てようかと迷う北川。
その一瞬が仇となる。

ダンっ!!

銃声と共に北川の足元の地面が弾け、その破片が瞳に叩き込まれた。
「――っっっ!!」
咄嗟に目を閉じたが時は既に遅く。
北川の視界はその時、完全に暗闇に覆われた。
痛みで開くことの出来ない瞼からは、とめどなく涙があふれ出している。
「く……くそっ、くそーっ!!」
北川が、釘打ち機を四方に振り回して盲撃ちを始める。
だがそんな攻撃がそうそう当たるはずもない。
スフィーは釘打ち機の射界から逃れつつ、斜め後方から釘打ち機を蹴り飛ばした。
釘打ち機は手から離れ、北川本人もその衝撃と痛みでもんどりうって地に倒れる。
「かはっ!」
そして、そのまま動けない。
身体が動かないわけではない。傷だらけの腕が砂にまみれ、瞳に土が入って酷く痛む。
だからといって決して、我慢できない痛みではないのだ。
「………………」
「………………」
後頭部に押し当てられた、熱を持った金属。
傷だらけの腕と、無防備な背中を踏みつけた足。
そして何より、そのあまりの軽さに――。
北川は、動くことが出来なかった。
「……撃つ、のか?」
「撃つわよ」
北川の問いに、惑うことなく即答するスフィー。
そりゃそうだ、間抜けな質問だ――と、砂を噛みつつ自嘲する北川。

ぽたり、と土に、雫の落ちる音が聞こえる。
「けんたろも、結花も、リアンも、みどりさんも……みんな、死んじゃった」
また、ぽたり、と音。
「みんな、殺されちゃった……誰が殺したかなんて解らないし、そんなのどうだっていい」
ぽたり。ぽたり。
雫が土に落ちる音、そして北川の傷だらけの腕にも、雫。
「ああ、死んださ……美坂も、美坂の妹も、水瀬も、住井も……殺されて、な」
涙で洗われた北川の視力が、ぼんやりと回復する。
その瞳に映るのは、衣服を七本の釘で真っ赤に染め、涙をこぼしたスフィーの姿。
「みんなを殺したのは、この島だもの……こんな島にさえ、こなければ、みんな……!!」
「言うなよ……それを言ったら、俺達のやってることは何なんだよ……?」
動けない。
「解らないわよ! 結花が死んでて、あんたが立ってた! だからあんたを許せないのよ!」
動けない。
「レミィが死んだ! お前が撃った! だから俺だってお前は許せない!」
動けない。
スフィーも、北川も、自分の激情を口を通して紡ぎ上げる。
それが、一片の脚色も入れない、心からの言葉だから。
その重さに、その痛さに、心が悲鳴を上げるから。
だから、動けない。
動くのは……ただ、口だけ。
「……あんたへの逆恨みが、こんな風に叶っていいわけないじゃない……」
ぴくりとも動けないまま、スフィーの声のトーンが落ちる。
「未練だぜ。これが俺が選んだ道……ドジった俺が悪いだけさ」
北川も瞳を閉じ、そして来るべき瞬間に備えた。
その顔が一瞬、今は亡き健太郎のものと、かぶって見えて。
涙の雫が、より一層量を増して北川の腕に降り注いだ。

……ダメ。私の、わがままで、こいつを……撃っちゃ、いけない。
スフィーが、銃口を外そうとした瞬間。

「北川ーっ!!」

ひときわ大きな叫び声。
顔のあちこちに青痣を作りつつ、縛られたままの祐一が、小屋の戸口から顔を出して叫んでいた。
びくり、とその声に驚いたショックで、スフィーの身体が強ばる。
「――!!!!」
硬直寸前に反応する身体は、手の中の拳銃の引き金に掛かった指すらもやはり例外ではない。
引き金が引かれる。

かちり。

一瞬の絶望、そして後悔、止まらない涙。
北川の倒れている場所の土は、染み込んだ血液で湿り、黒ずんでいた。
「……あ……ああ……」
拳銃を取り落とし、その場に膝をつくスフィー。
……と。

「痛ぇっ! 膝を、膝を肘の上に落とすなっ! 乗せるなっ! 体重を掛けるなっ!!」
「……え?」

その声に呆然とスフィーが目を向けた先。
肘関節を見事にロックされた北川が、逆の腕でばんばんと地面を叩いている。
落とした拳銃からは、煙の一筋すら立ちのぼっていない。
「弾……切れ……」
呆然と呟くスフィー。
彼女はそのまま、何かにほっとしたように、すっくりと仰向けに倒れ、気を失った。

【スフィー、胸に七つの傷を受け気絶】
【スフィー&北川、それなりに吹っ切ったらしい】
【芹香の動向はいまだ不明】
【残り24人】

[←Before Page] [Next Page→]