×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分かれ、戻る者達


[Return Index]

窓の無い部屋。その中に、彼女、鹿沼葉子は居た。
部屋は暗い。差し込む光の無いそこは、一寸先すらも見えぬ程に。
幸い、電灯は近くにあった。紐を引くと、部屋が白い光で照らされる。眩しい。
蛍光灯――電気は、通じているのだろうか?しぱしぱと、まばたきを繰り返す。
しばらくして、目が慣れてきた。ともあれ、これで部屋の中が見える。
着替えがあった。あの"誰か"が置いていったのだろうか?
それにしても、あの人は何をしてたんでしょうか。
……知る由もない。七瀬自身も分かっていない事なのだから。

ドアを開ける。僅かに、傷が痛む。流石に完治はしていない。
部屋は広い。大きめの机に、多数の椅子。
こんな細かいところまでFARGOは用意したのだろうか?全く、ご苦労な事だ。
椅子は使う者の無い物が多かった。だが、使われているものもある。
人が居た。その中には、自分を救おうとした少女の姿も――。
「あ、起きたのか」
ほっ、とした様子で男が呟いた。妙な服だ。いや、妙すぎる。……変態さん、なんでしょうか。
嘆息。とりあえず、変態さんに頷き返す。葉子の様子に、首を傾げていた。
続いて別の男が立ち上がった。
鋭い眼差し。鍛え抜かれた体付きは、軍人を思わせる。いや、そのものだ。
「起きたようだな……気分の方は?」
「そんなには。多少、傷が痛む程度です」
うむ、と頷く。
「とりあえず、席に着いてくれ。俺達は君の名前を知っているが、君は俺達の名前を知らない筈だ」
「……はい」
言われる通り、席に着く。隣に座る少女は、あの時の少女か。
「無事、だったんですね」
「……うん。……でも、私なんかよりずっと、お姉さんの方が大変だったよ」
そう言った。近くで見れば、なんて優しげな少女。見たところ、傷は受けていない。安堵する。
しかし、あの時の影。気を失う前、一瞬だけ見えた影。"あれ"が、彼女を救ったのか?
"あれ"は何だったのか。
思い出す。……寒気がした。"あれ"は、一体。
――葉子の思考をよそに、自己紹介は始まった。


「有り難う御座いました」
そう言って、頭を下げる葉子。その前に居るのは……マナだ。
彼女が手当をした、という蝉丸の言葉を聞いての行動である。感謝されるのは、もちろん嬉しい。
しかし――何となく、落ち着かない。
こうやって直々に感謝されるというのは、あまり慣れていなかった。
「ま、まぁ……気にしなくていいわ。大した事はしてないから」
「ですが……」
「それに、怪我人を手当てするのは"医者"の務めよ。どんな人でも、ね。気にしなくてもいいわ。
 ……まぁ、本当の医者ってわけじゃないんだけど」
「……はい」
改めて、葉子は席に着く。それを見つつ、何故か一瞬躊躇したが、とりあえずマナも席に着いた。
こんこん、と指で机を叩く。やはり落ち着かないらしい。……無理もないが。
――マナは気付かない。いや、知らない事なのだから当然だ。彼女は、それを聞いていないのだから。
そう。今マナが言った台詞。それはまさしく、あの人の。


軍人さん、否、蝉丸が席を立つ。机の上に広げられているのは地図。
自己紹介に続き、これからの行動についての説明。今、それが行われているところだ。
施設への侵入。強力なロボットによって守られていた施設らしい。
危険な行為ではある。……だが、脱出への糸口が見つかるのならば。
その為ならば、多少の危険も厭わない。それは葉子も同じだ。
無論、賛成する。一同は、ほっとしたような表情を見せた。しかし、会議はこれでは終わらない。
続いて、侵入口。基本的に入り口と言えば正面の入り口しか確認していない。
だが、予想だが確実に裏にも入り口がある。そこから侵入するのが望ましいのだが。
問題は――
「侵入する時の人員だ」

地図を叩く。こんこん、という音。机は鉄製だった。
今のところ、蝉丸達は六人しか居ない。その内、男が二人だ。
七瀬留美や、巳間晴香。女でも、確かに戦力になる者は居た。だが、それももはやここには居ない。
まさか月代や初音に戦闘を強いるわけにはいかない。だが……。
「……あの」
葉子が口を開く。先程から考え込んでいた蝉丸が、顔を向ける。変態さん――いや、柏木耕一も、それに続く。
「ひょっとしたら、私も戦力になるかもしれません」
「……無理を言うな。君は怪我人だろう」
「いえ」
首を振る。彼等が、彼女と、巳間晴香と共に居たなら。これで分かる筈だ。
「私も、不可視の力が使えます」
「む……」
引き下がる。なるほど、どうも不可視の力の存在は知っているらしい。
心の中で、晴香に感謝しておくことにした。力の使えない今、あれの説明は厄介だった。
「……ですが。今は不可視の力が完全に使えないんです」
「完全に……」
今度は耕一が唸る。結界の効力に関しては、彼自身もよく知っていた。
鬼の力。結界によって封じられたそれは、しかし、僅かにとはいえ引き出す事は可能な筈だ。
現に――僅かな間とはいえ、鬼と化したのだから。
「私が倒れていた所に、力を封じた機械があります。恐らく、それを破壊すれば」
「……なるほど。よし」
耕一が、立ち上がる。話の通じやすい人だ。葉子もそれに続け、立ち上がる。
「行くのか」
「あの場所に居たのは、俺と初音ちゃんと葉子さんだけですから。一人で行かせるわけにはいかないし」
「それなら、私も――」
咄嗟に、初音が口を開いた。しかし、耕一が止めるよりも前にそれは途中で切れる。困ったような顔。
「……ううん。私は、ここに残るね」
そう。彰を待たねばならないから。必ず帰るといった、あの人を。
無論、それは耕一にも分かっている事だった。
「……分かった」
それだけ言った。

「武器はどうする?そんなにたくさんは残っていないが、流石に手ぶらで行くわけにもいくまい」
「銃を……貸していただけませんか」
「俺も、銃を貸ります。使った事無いから不安だけど……
 ……そうだ。一応、そのナイフも貸してもらえたらいいかな、なんて」
「……武器が、無くなるな」
蝉丸が、苦笑する。無理もない。結局残る"武器"など、銃一丁にダイナマイトくらいだ。
敵が攻め込んできたら、恐らく戦う術は無い。室内でダイナマイトを使うわけにはいかないだろう。
だが。今更戦いを挑む者が居るのだろうか?
ましてや、ここは比較的裏の方。わざわざ攻め込んでくる事もあるまい。そう思った。
だからこそ、蝉丸は銃を貸したのだ。少し甘いかもしれないが、丸腰で行かせるよりは、いい。
「すいません」
「……出来れば、使う事無く済ませたいですね」
そう言って、葉子はグロック26をしまい込む。ベレッタは、耕一が持つ事となった。
……使う気が、しなかった。高槻の武器など。



【残り23人】

[←Before Page] [Next Page→]