×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

決意新たに


[Return Index]

木々の隙間から覗く灰色の空から落ちてくる、雨の筋。
誰も話し掛けようとはしない。
ただ……俯くだけ。

北川潤は考えていた。

友のこと。
……そうだな。夢なんかじゃない。
俺が結果としてアイツを撃った事、アイツが身を呈してまで戦いの虚しさを訴えた事、
全部夢なんかじゃ……無い。
現実なんだ。

何かに怯えていた、右手を無くした下級生のこと。
…彼女は、どんな心境で死を迎えたのだろうか?
怯えたまま、絶望に包まれたままではなく、彼女を優しく包んでくれる存在の、その胸のなかで眠れただろうか?
……死ぬにしたって、それくらいの権利は与えてやってくれたかい?神様。

友と行動を共にしていた、生意気な年下の女の子のこと。
……彼女も、逝ったか。
すまないな、相沢。俺もやっぱり……無力だったよ。
せいぜいあの世で彼女に説教されないように、してくれよ。

友の同居者の、綺麗な母親のこと。
……水瀬のママさんも、か。
綺麗なひとだったよなぁ。あれならまだ高校生って言っても通じたんじゃないか?
…あの奇妙なジャム、材料何か聞いてみたかったけど。

そして…この島で出会って、同じ時を過ごした彼女のこと。
……レミィ。俺はもう……悲しまないぜ。
見てろ…俺が、お前の分まで生きてやる。
そして、このクソッタレたゲームをぶっ潰してやる!徹底的にな!
だから…今だけ、今一回だけ、泣かせてくれ。
それくらいなら、許してくれるよな?

七瀬留美は考えていた。

友であり、想いを寄せていた人に「捜してくれ」と頼まれたひとのこと。
…結局、彼はどんな人だったのかしら。
今となっては、それを知る事は出来ないけれど。

ほんの一時、同じ時を過ごした、仲の良い男女のこと。
…結局、沢渡真琴って人は見つけられなかったのかしら?
もしかしたら、彼女の変わり果てた……
ううん、よそう。きっとあの二人は、そんなの関係無しに、手でも繋いで優しく逝った筈よ。
……そう思わなきゃ、やってらんないわ。

殺人鬼へと成り下がった、クラスメイトのこと。
いい気味、って思ってしまうのは…あたしが嫌な女だからかな?
折原は恨まないでくれ、って言ったけど、やっぱ…無理だね。あはは……

事ある事に自分の髪を狙っていた、妹のような女の子のこと。
……そっか、繭も…か。
でも、今のあたしに会ったって、引っ張る髪は無いの。
そうね……あたしの髪だけでも、天国に行ってくれたかしら?
あ、それまでもなく、天国にはあの子の可愛がっていた、本物の「みゅー」がいるわね。
…良かったじゃない。達者で……暮らしなさいよ。

巳間晴香は考えていた。

命の重さも考えず、無責任な事を言い続けていた男と、女のこと。
…あのへタレ。ちゃんと「彼女を守った」んでしょうね?
あの女もよ。自分の命の重さって奴を認識して、それで死んだんでしょうね?
精一杯生きて燃え尽きたなら良し、そうでない場合は……どうしてやろうかしら?

自分の脚を犠牲にしてまで、自分たちの危機を救った知的な少女のこと。
――あの子も、へタレと行動してた…筈ね。
少なくとも、あのへタレなんかよりは、数十倍物事を分かってた。
だから…無為な死なんかじゃ、なかった筈。

紆余曲折あったが、結果として共闘した、女のこと。
これで、アイツと行動した奴は…全員、ね。
誰が死神に魅入られたのかしら?全く、私があれだけ苦労したって言うのに……
…それでも、ゲームは、止まらないのね。
悔しい。

名前の呼ばれなかった、「水瀬名雪」のこと。……いや、「水瀬秋子」のこと。
結局……あの人は、何を求めたのかしら?
自分の手のひらから零れた、大切な存在になりきる事で、何を手にいれたのかしら?
それは――弱さだったのかしら?
それとも――最後まで「水瀬名雪」を演じれる、強さだったのかしら?
まぁ……それは、本人が決める事ね。

一瞬。
雨が止み、陽が三人の上に差し込んだ気がした。
それは、気のせいでしかなかったのだけれど。
三人が、空を見上げる。
北川が。
(俺はまだまだ生きてるぜ。…そう、生きてるんだ。
見てやがれ…俺がこのクソッタレたゲームを潰して見せてやる!そうすりゃあ……少しは、弔いになる、よな?)
七瀬が。
(みんな居なくなって……結局残ったのはあたしだけだけれど……そうね、くよくよなんてしてらんない。
こうなったら何が何でも生き残って、人生楽しまないと損だもの。……そう、折原、瑞佳、繭……あんたたちの分もね)
晴香が。
(ゲームが進行する以上、残念だけど死者が出るのは抑えきれない。
重要なのは……死んでいった人達の分も、生きぬく事よ。
安心して……私は生きて生きて、生きぬいてみせるから。…あなたたちの分も)
言葉は違えど、同じ思いを抱いて。
「こんなゲーム……ぶっ潰してやるぜ」
「当然じゃない」
「同感ね」
誰が始めるでもなく、三人が手を重ねる。
…バラバラの三人ではあるが、今だけでも。

――そして、終盤戦。

【残り 22人】

[←Before Page] [Next Page→]