×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にいむらたくみNG作品集より〜


[Return Index]

 あの仮面のおかげで二人集まってきたよ。予想外だったけど、意外とみんなここに集まってくる
のかもね。まあ、学校でもここでも別に同じ事だけどね。
 一人は国崎往人か。連れが変わってるけど僕の声が放送で流れちゃったみたいだから、魔法使い
ならこっちに向かわせないだろうね。残念だね。
 運動能力も無さそうだし、気付かれる前に往人を撃ってしまえば、この二人も余裕だろうね。
フランクだって、この一枚で顔を隠せば、バッチリだね。


 ビルを降りる時に少年を見失いかけたもののフランクは、少年が往人たちを狙っているのに気付いた。
 少年が芹香と往人とに気を取られている間…その数秒間がフランクに残された最後のチャンスだ。
ここで確実に仕留めなくては、祐介の仇、いや、数多くの意志が無駄になってしまう。
源之助がFARGOに悟られまいと皆に黙っていたこと。(ただ一度、フランクにだけふと漏らしたが)
源之助に従っていたものの、一人でも多く生かして帰そうと望んでいた長瀬たち。
叔父たちを倒してでもゲームを途中で終わらせようとした、祐介や彰。
命を捨ててまでゲームに乗らず皆で脱出するよう主張した原身きよみ。
それに賛同した参加者たち(残念な事に皆、では無かったが)。
そして…源之助(や、おそらく原身きよみ)に皆を脱出させられると期待されていた蝉丸。

 そんな想いとともに引き金に指をかけた瞬間。
 銃声が響いた。

 ひげの男。あいつは、再び少年を狙っている。
 あいつのせいで「少年」は「姫君」にのっとられた。
 それに、もしかしたら、あいつさえ居なければ少年は元に戻るかもしれない。
 あいつは「少年」を殺そうとする。だから、私が殺す。
 あいつは、きっと私も殺そうとする。だから、私が殺す。
 あいつは「余」を殺すつもりだ。…だから、私が殺す。

 後ろのほうから銃声が聞こえる。ほら、あいつがまた撃った。
 …後ろ? さっきから、何かが少しだけおかしい。
 もしかして、私も「姫君」に操られ出してる?
 振り返ると三つの人影。一人の男が銃を持ち、もう一人が倒れている。
 撃ったのは…少年だった。そのまま銃を長い髪の女に向ける。
 それに少し遅れて銃声。今回は少年の銃を狙っていた。
 もしかして…あいつが少年を狙っているのは「姫君」の事を知っていたから?
 だから撃った? それならあいつの本当の目的は少年と同じだったの?
 それなら…少年を早く止めないと。だって、私にも、もう時間がないんだから。 


 後ろから撃たれた。まさか、長瀬? それにしては音が近かった。神奈側の人間が…いや、ここに
いたはずの少年か? どれだとしても俺が迂闊だったな。
 結局俺は観鈴にも晴子にも会えないで死ぬのか…なあ、生意気だったカラス。二人とも無事だよな。
俺は二人を守れないみたいだ。だから、お前が二人を…いや、ここにいないカラスに言っても無駄か。
「しっかりしなさい!」芹香の声が聞こえる様な気がする。
 長瀬のおっさん、せめて、芹香だけは助けてくれ。少年の思い通りになんてさせるなよ。
 銃声。おっさんだろうな。今回は、反射されなかったみたいだな。でも、何故金属音が?
 ・
 ・
 ・

【国崎往人、死亡】
【反転芹香と少年、十数メートル離れて対峙】

[←Before Page] [Next Page→]