×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ああ、美しき獣よ


[Return Index]

 彰は混乱する。
 彼の本来持つ自虐性が、自身を狂気へと誘う。
 
 
 銃声。
 確かな銃声が町に響く。
「彰さん!?」
 マナの耳がその音を確かに捕らえた。
 今の彰を放っては置けない。
 彼女はがむしゃらに走った。
 ただでさえ大きかった疲労が、再び拡大していく。
 見えた。
 視界の中に、初音と……、耕一の姿が見える。
 初音はしばし目線を耕一と森で往復させる。そして意を決したように森へと駆け出した。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ…。は…はつ……。はぁ…」
 止めようと思っても声が声にならない。
 それでも歩みを止めず、少しでも近寄る。
 
 開け放たれた金網。
 倒れている耕一。
 金網の向こうへと消えた彰。
 その彰を追いかける初音。
 何もかもが象徴的だった。



(僕は結局何がしたいのだろうか……)
 彰はゆっくりと歩みを進めながら、答えの出ない問いに考えをめぐらせた。
 記憶は過去へと遡る。
――初音との出会い――
――彼女への思い――
――初音との別れ――
――施設での戦い――
――施設での出会い――
 あの頃の彰には目的があった。
 あの頃の彰には夢があった。
 だが、それは『目的』によって否定され、『夢』によって否定されてしまった。
 そしてそれは『彰のとった行動』によって無へと消え、『彰のとる行動』によって無へと消える。
 いまさら否定が覆されたとしても、無が有になろうか?
(僕は消える。かすかな望みを夢として抱き。そして俺になる……)
 天を見つめるその瞳から、おそらく『彰』の最後の涙がこぼれた。

「彰お兄ちゃん!!」
 初音が彰を目にした時、彼は空を見つめていた。
 後ろから駆けより、抱きつこうとする彼女。
 初音は彰を愛していた。
 初音は彰を救いたかった。
 だが、初音が彰を思うために作られた推論。
 それは全てが正しく、しかし一部は致命的に間違っていた。
 ゆっくりと振り向く彰。
 穏やかな顔を初音へと向け、その右手をふるう。
 その腕は初音の左胸へと刺しこまれ、左手は倒れていく彼女の身体を支えた。
 それは血塗られた花嫁を抱く花婿のよう。
 
 
「はつ! ああ…あきら!!」
 息を切らしたマナの言葉。
「あんた…! はぁ…。こん…なの! 理不尽よ!!」
(この女は何を言っているんだ…? 理不尽でない死に方など、あるわけねぇだろ?)
 
【柏木 初音  死亡】
【七瀬 彰   半鬼化】

[←Before Page] [Next Page→]