×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 放送が切れ、周囲に静けさが戻る。
 その内容は、浩平、瑞佳、七瀬の三人に大きな衝撃を与えていた。
「……うそだろ、おい」
 死んだ人間の中には、自分の知り合いが既に3人も入っている。
 ゲーム開始から、多分まだ、そんなに時間はたっていない。
 それなのに、3人。
 誰だかわからぬ殺人者に強い怒りが沸き上がる。
 先輩は目が見えないんだぞ? なんで殺されなきゃいけないんだ。
 澪だってあんな性格の女の子だ。他人に危害を加えたりするはずないじゃないか。
 それなのに……それなのに……っ
 だが次に広瀬のことを思う。
 あいつはあの性格だ、多分誰かとやりあったんだろう。
 仕方ないかもしれない。
 そして、誤解から住井をも殺そうとした、自分。
 そうだ、これはデス・ゲームだ。
 殺人者のやっていることは、ゲーム内では「正しい」。
 結構じゃないか……だったら俺も……やってやる。
 先輩や澪を殺した奴をぶっ殺し、障害になる奴全員、ぶっ殺してやる!
 強く握った拳からは、爪が肌に食い込み、血が流れていた。
 強くかんだ唇からも、歯が食い込んで、血が流れた。
 黒い思いに取付かれた浩平を、
「ダメだよ、浩平……」
 瑞佳は後ろから、優しく抱き締めた。

「長森――」
「ダメだよ。
 確かに、誰かを――殺さないと」
 自分の口から出た「殺す」という言葉の大きさに、瑞佳は一瞬言葉を切らした。
 気持ちをおちつかせ、続ける。
「殺さないといけないかもしれないけど。
 それでも、怒りにまかせてそんなことしちゃ、だめだよ。
 浩平には、そんな風になって欲しくないよ。
 そんな浩平、嫌だよ……」
 殺されたくなかった。
 それ以上に、殺したくなかった。
 どうして簡単に人を殺せるんだろう。
 わたしを助けてくれた住井は、人を殺したのに、笑っていた。
 怖かった。
 どうして、あんな風に笑えるのだろう。
 それがわからなかった。
 綺麗事だとわかっていても、人間らしくありたかった。
 そんな浩平でいてほしかった。
 冷たい空気の中で、浩平は瑞佳の暖かさを背中に感じていた。
 瑞佳の思いが伝わってくる。黒い思いが、消え去っていく。
(そうだ。俺がそんなことでどうする。
 俺は、『守るため』殺すんだ。
 どうしても殺さざる得ない時だけ、その時だけ、どこまでも冷徹になればいい。
 そうだ。笑って人を殺すような奴に、なっちゃいけない)
「悪い、ごめんな、長森?」
 腕をほどき、振り向く。
「うんっ」
 瑞佳は、泣いていた。

[←Before Page] [Next Page→]