×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

邂逅、別れ


[Return Index]

「どうして……? どうして、そんなことを?」
 だが茜は答えない。
「…だから、祐一も早く消えて下さい。
 …でないと私は、祐一を撃ってしまいます」
 それだけ、静かに告げる。
 その言葉は嘘だった。
 茜は祐一を撃つことはできない。
 口から出た言葉に秘められた感情を悟り、祐一は一歩踏み出す。
「……例え変わっても、茜は茜じゃないか。
 なぁ、話したいことがあるんだ、聞いてくれるか?」
 茜は一歩下がる。
「……嫌です。お願いだから……」
「俺もいやだ。茜に会うために、ずっと島中走り回ってきたんだ。
 あの頃言えなかった想いを伝えるために、探してきたんだ。
 茜……俺は、お前のことが……」
「……嫌……言わないで……」

「……好きだ」

「嫌ぁぁぁっ!」
 夜の建物の少女の悲鳴が響く。
 それは、ゲーム開始以来最も悲痛な叫びだったかもしれない。

 走り出す。
 これ以上祐一の側にいたら、今までやってきたこと全てが無駄になりそうな気がしたから。
(…どうして私にそんなことが言えるんですか?)
(…もう私は、あの頃の私じゃないのに)
(…どうして、そんなことが言えるんですか?)
「茜!」
 追ってくる気配がする。
「来ないで下さいっ!」
 手持ちの手榴弾を投げ付けた。
「なっ……!」
 反射的に後ろに下がり、避ける。

 バァァァァン!

 爆発。
 そしてそれは、目覚まし時限爆弾を巻き込み。

 ドガァァァァァン!

 大爆発を引き起こした。

 瓦礫の中から、祐一は立ち上がる。
 体は痛むが、まだ動くようだ。
 武器も無事である。
 しかし……
「茜……」
 茜の姿は、もう見えなかった。

 夜の町を、ただ走る。
 目には大粒の涙をたたえて。
「……どうして、あんなこと言うんですか……」
 動揺していた。
 相手が例え変わってしまっても、信じる。
 それは茜が幼馴染みに抱いていた感情と、全く同種のものだった。
 それに気付いたからこそ、茜は逃げた。そう思った。

 本当の理由を茜は知らない。
 自分でも気付かないうちに、あの一年間で祐一に惹かれていたことに。
 それは、幼馴染みを思う自分を、正面から崩してしまうことだった。
 幼馴染みを想う心と、祐一を想う心。
 それ故、祐一の前から逃げ出したことに。
 茜は気付いていなかった。


 夜の闇はさらに濃くなってゆく。
 自分は、何処に行こうとしているのか……

[←Before Page] [Next Page→]