×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

昔と今と、変わらないこと


[Return Index]

「疲れたなー」
「まぁ、仕方ないさ」
 詩子と少年は茜を探し歩いていた。
 といっても、探しているのは詩子で、少年はつきそっているだけだ。
(今はまだだ。もう少し状況が動かないと、高槻に対して何もできない)
 それまでやることもないので、少々危なっかしいこの少女についてやることにしたのだ。
「このCD、何に使うんだろうねぇ」
 詩子の支給品はCDだった。3/4と記入されている。
「これは……同じ物があと3枚あるんじゃないかな。4つ合わせて何か起こるとか」
「でもさぁ」
 不満声で言う。
「どこにある……っていうか、誰が持ってるかもわからないんだよ。
 使い方もわからないし。意味ないよ」
「それはそうだね」
 少年は微笑む。
「うー。また流されたよ」
 相変わらずの不満声。さっきから幾度となくこの応酬である。
「あーあ、面白くない……」
「静かに」
 突如、少年の声が変わった。
「誰かいる……」
 そう言って、道路脇の建物に目を向ける。
「すごーいね。わかるんだぁ」
「……敵意はないみたいだ。様子を見てこようと思う。
 ここで待っててくれるかい?」
「えぇーっ、つまんないよー!」
「! 声が大きい!」
 慌てて詩子の口を塞ぐ。
 すると、建物の中で何かが動いた。
「その声……まさかっ!?」
 続いて声。
「……え?」
 その声は、詩子にも聞き覚えのあるものだった。
 建物から人が現れる。
「……詩子……」
 その少年は、驚きの表情で詩子を見つめた。
 懐かしい顔。何年ぶりだろうか。
 どうして、こんな所で再開するのだろう。
「あ、相沢君……?」

「知り合いかい?」
 少年が詩子に問う。
「昔の友達だよ。久しぶりだねー」
 満面の笑みで、詩子は言った。
「……本当、こんな所でな」
 祐一も笑顔で返す。
 しかし、その顔には、どことなく元気がなかった。
 詩子にはそれがわかった。
 一年間とはいえ、茜と一緒に、誰よりも親しかった仲なのだ。
「何かあったんだね……どうしたの?」
 今までの明るい声とは一転、深く、穏やかで、優しい声。
「……いや、なんでもないよ」
 隠しきれるとは思っていなかったが、流石に祐一は動揺した。
 詩子は本当に、昔から何も変わっていなくて。
 茜のことは黙っていよう……そう心に決めた。
「茜だね……」
 祐一の心を覗けるとでもいうのか?
 そんなタイミングだった。
「!?」
「茜に、何かあったんだね?」
「いや、全然そんなことはないぞ。腹が減っただけだ」
「嘘だね……わかるよ。私達、友達なんだからさ」
「……」
「言ったほうがいいんじゃないかな。君が隠し通せるとは思わないよ」
 第三者の声が入る。
 そうかもしれない、昔から、この少女はこんな調子で。
 友達の些細な変化を見抜き、気づかってくれた。
「何があったかは訊かない……なんて言えないよ。
 祐一個人の悩みならそっとしておくべきだろうけど、茜の問題でもあるんでしょ」
 心を揺さぶる声。これ以上は、隠せないか。
 詩子も、良い話ではないことを悟っている。
 それでも、覚悟して、訊いてくる。
 こいつは強い、昔から、今も変わらず。
 祐一は百貨店でのことを、全て詩子に話した。
 自分が茜に想いを告げたことも、隠さずに、全部。

「ついに言っちゃったんだね」
「え?」
 全て話し終えた第一声がそれだった。
「告白だって。やるねぇー。あの時うじうじして、結局転校だもんねぇ」
 明るい声に戻り、茶化す。
 顔が赤く染まるのが自分でもわかった。
「お前……知ってやがったのか!」
「当たり前じゃん」
「……〜〜!」
「あははははっ!」
 何も言えなかった。どこまで、この少女は……
 だが、少女の笑い声も、どことなく寂しさを含んでいた。
 時間がたっても、祐一にはそれがわかる。
 自分も変わらないでいられたことを、少しだけ喜んだ。

「でもさ……」
 祐一の考えを裏打ちするかのように、詩子の声はすぐに沈んだものとなった。
「やっぱり悲しいよね……」
 茜が、人を、コロシタ。
 その事実は、二人の前に、重くのしかかる。
「茜。自分のことは話したがらないとこあったもんね。
 何かあるんだよ、きっと。
 気付いてあげられなかった」
 詩子の声に涙が滲んだ。瞳にも、同じく。
「違うだろ」
 祐一は、気付けば、そんな詩子を抱き締めていた。
 始めてみる彼女のそんな姿を見て、こんなのは間違ってると思った。
「気付いてたんだろ、茜の想いに。
 あえて何も言わなかったんだろ、いつか話してくれることを信じて。
 それが茜にとって正しいことだとお前が思ったんなら、それは正しい。
 お前が思ったことだもんな」
 本心だった。
 こんな言葉で、彼女が救えるかわからなかった。
 だが――
「う……ふぇぇぇえぇん……」
 子供のように、声を上げて、泣いた。
 その涙は悲しみだけじゃなくて、
 祐一にもそれがわかって。
 自分出来ることは、まだまだある。
 そう確信した。

[←Before Page] [Next Page→]