×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「霧島」(アナザー)


[Return Index]

「――ばかみたい」
 泣き続けるマナを冷ややかな目で見つめながら、きよみはつぶやいた。
「数時間前、私にケンカ売ったあなたはどこ行ったのよ。
 所詮はチビっ子だったということね。あーあ、ばかみたい」
 マナは顔を上げた。
 そして気付く。目の前の女の人が、数時間前出会った彼女だということに。
「何があったかなんて訊いてあげないわ。そんな必要もない。
 あなた言ったわよね? 『どうしてそんなことで殺さなきゃいけないの?』って?
 私も同じよ。なんであなたに泣きつかれて殺さなきゃいけないの。
 どうせ今のあなたなんかのたれ死にがオチね。
 どっかのキチガイに勝手に殺されるなり、好きにしなさい。
 自分の命を奪うも他人の命を奪うも同じことよ。
 それがわからないなんて、やっぱりあなたはチビっ子ね」
 どこまでも冷たく言い放ち、再び歩き出そうとする。
「うわっ、毒舌だよぉ」
 二人の間に立ち、おろおろする佳乃。
「……霧島先生……どうすればいいのよぉ……」
 涙混じりの声で呟く。
 返事は期待していなかった……が、その返事は返ってきた。
「え、お姉ちゃん?」
 佳乃が驚いたような声を上げる。
 その反応に今度はマナが驚き、気付けばきよみも立ち止まり、ことの成りゆきを眺めていた。

「霧島……聖先生を……?」
 マナが問いかける。
「うん。お姉ちゃんは凄いんだよぉ。なんでも治せるお医者さんなんだぁ。
 なんと、トラクターも治しちゃうんだよぉ。
 私、お姉ちゃん、大好きなんだぁ」
 マナは、偶然というものに驚き、感謝した。
 だが、直後に沸き上がる疑問。
「あなた……お姉さんが死んだのに……悲しくないの?」
「……え?」
 佳乃の時間が、止まった。

「放送、聞いてなかった?
 霧島先生は私の前で……私は足手纏いにしかならなかった」
 今でも鮮明に思い出せる。
 血に染まった聖、その声、言葉。
 早く逃げろと、マナを思って、最後までそればっかりだった。
 そして口には出さなかったが、妹のことも最後まで思っていたはずだった。
 その妹が、今、ここにいる。

「嘘だよぉ……。
 お姉ちゃんが、死ぬわけないよぉ。
 だって、お姉ちゃんだよ?
 お姉ちゃんは、なんでも出来て、それで……それで……」
 佳乃の笑い声が、次第に悲しみに彩られていく。
「現実よ……。
 先生、きっと最後まであなたのこと気にしてた。
 会いたがってたから、連れて行ってあげる。
 いい?」
 動揺している佳乃に向かい、言った。
「嘘だよ……お姉ちゃんが、お姉ちゃんが……。
 そうだ!」
 佳乃は自分の手首に巻かれていたバンダナを外す。
 それは聖の施した枷であった。
 それが、聖の死によって、解かれてしまった。
「これを外せば、魔法が使えるんだよぉ。
 お姉ちゃんが言ったんだ、お姉ちゃんとお母さんに、帰ってきてもらうんだぁ……」
 わかっていた。
 そんなものは、存在しないということを。
 ずっと昔から、わかっていた。
 叶わない願いだということを、もう知っていたのだ。

「うわぁぁぁぁぁっ!!」

 佳乃は突然叫び声を上げ、傍に立っていたきよみの持っていたものに手を延ばした。
「!?」
 ふいをつかれたきよみは、その手にあった物を奪われる。
 それは――メスだ。
 マナが持ち、きよみに持たせ。
 大元は……霧島聖のもの。
「お姉ちゃん……っ!」
 佳乃はそのまま自分の手首を切り裂こうとした。
 そして、血が舞った。
 紅く、紅く――

 間一髪のところでマナが割り込んだ。
 メスは腕を深く切り裂き、動脈から勢いよく血が流れる。
 痛みはあった、だが、なんてことない。
 目の前の少女の痛みにくらべたら、これくらい――
 血にまみれた手で、佳乃を抱き締める。
「だめだよ――
 先生の想い、無駄にしちゃだめだよ――
 先生は、あなたに、生きて欲しかったんだよ?
 自分から、死んだりしちゃ、先生、悲しむよ――」
 マナの言葉に、佳乃は一瞬硬直した。
「うわぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!!」
 全ての悲しみを――ずっと昔から抑えていた悲しみを開放し、泣き叫ぶ。
 悲痛な声はこの島の大気に、流れ、溶けて、消えてゆく。
 佳乃に言い聞かせながら同時に、悟る。
 忘れかけていたこと、それは――
「わかってるじゃないの」
 きよみがぶっきらぼうに言った。
「この子に言ったこと、あなた自身にも言ってあげたらどう?」
 見下ろすその表情は冷たく、しかし声はどことなく、暖かみを帯びていた。
「……そうするわ」
 笑顔で、少しばかりの悲しみを含んだ笑顔で、言った。
「それでこそ、ね」
 ようやくきよみも表情を崩す。

 周りには、ただ、佳乃の泣き声だけが響く。

 それに別の音が混じったのは、次の瞬間だった。

 タンッ、タンッ、タンッ

 三つの音、硬い音。
 崩れる。きよみの体がゆっくりと。
 佳乃の泣き声も、唐突に途切れた。
 そして――マナも。
 撃たれたのは理解できなかったが、何者かに攻撃を受けたのは、わかった。
 音のした方を見る。
 ――あれは……

(何よ。
 やっぱりあの時、殺しておけばよかったじゃない。
 ごめん、先生、妹さん、守れなかったよ……。
 会わせてあげられなかったね……。
 でも、私は先生の助手だから……。
 殺しておけばよかった。なんて、言っちゃいけないのかな?
 先生みたいな立派な医者に、なれないね。
 でも……私もやっぱり、甘いわね……)

 感覚が閉じてゆく。
 私は、妹さんは、先生に会えるかな?
 ……あいたい、な……
 ……せんせい……


 三つの死体に、ゆっくりと歩み寄る影。
「三人か。まぁ上出来か?
 かったりぃ……早く済ませて帰るぜ……」
 右手に銃を構え、『藤田浩之』は歩き出した。
 まさか自分が高槻に作られたクローンであることなど考えもせずに。
 ただ「早く帰る」その一念で動くのみだった。
 それは、まるで数時間前の藤田浩之そのものだった。

015杜若きよみ(黒) 031霧島佳乃 088 観月マナ 死亡
【残り53人】
【クローン浩之、始動】

[←Before Page] [Next Page→]