×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

星影〜star light〜


[Return Index]

 その放送は、その場にいた四人中三人を凍りつかせるのに、充分だった。
「……」
 無言で祐一は立ち上がり、玄関の方へ歩いて行く。
「……どこへ行くのよ、祐一」
 祐一の方を見ないで、繭は言った。
「……」
 その声にも、祐一は止まらない。
 ただ静かに、玄関のドアを開けようとする。
「祐一!!」
 今度は叫ぶ。
 その声にようやく、祐一は動きを止めた。
「……何か言いなさいよ」
 繭が言う。その声は、震えていた。
 どんな感情がこもっているのかはわからない。
 何も言おうとしない祐一に対する怒りか。
 放送に対する悲しみか。
 その両方か、他の何かか。
 この場にいる人間には、本人すら、わからなかった。
「早く、茜を探す。茜に死なれて、たまるものか……。
 呑気にしてる時間は、俺にはなかったんだ」
 静かに、静かに言った。
 怒りと焦燥が、その声に宿っていた。
「さっきの放送で、誰か知り合いがいたの?」
 繭が問いかける。
「……」
「先輩が二人いたんだよ」
 答えない祐一に代わり、北川が言った。
 その声も、暗い。
「そう。でも、今はやめなさい?
 今はまだ太陽が出てるけど、近いうちに夜になるわ。
 夜動くのは、得策じゃない。
 折角ここには信頼できる人がいるんだから、夜明けまで休みましょう?」
 極めて冷静に、繭は言った。
「……っ、お前なぁっ!!」
 祐一は叫ぶ。
 今にもとびかかりそうな勢いだった。
「こんな中、どんどん人が死んでいくんだ!
 次に名前を呼ばれるのは茜かもしれないんだ!
 そんなことになる前に、俺は会わなきゃいけないんだよ!
 お前にわかるかっ!?」
 悲痛な声が部屋に響く。
 祐一の握りしめた拳は震え、爪が肉に食い込む。
 繭も北川も黙って祐一を見つめ、レミィはおろおろするだけだった。
 しばし沈黙が支配し、次に口を開いたのは繭だった。
「わかるわよ……
 私にもわかるわよ、そんなことっ!
 私だって、あなたと同じなんだから!」
 それが、心の堰が外れる、瞬間だった。

「さっきの放送に入ってたわ、私の探している人が!
 瑞佳さん、私のお姉ちゃんだった!
 真琴さんとは正反対のような優しさで、私を包んでくれた!」
 涙が流れる、止まらない。
 その雫を、拭おうともしない。
「会いたかったのに……会いたかったのにぃ……瑞佳さぁん……」
 繭は泣き崩れた。
 その姿を目にし、祐一の怒りは既に、消えていた。
「繭……」
「でも、でもね……」
 嗚咽混じりに続ける。
「浩平さんは……七瀬さんは生きている。
 あの人達を信じてる。あの人達は、そう簡単に死んだりしない。
 死なれてたまるものですか。
 私が死んだら、あの人達も悲しむ……きっと悲しむ。
 だから、私も無事でいなくちゃいけない。
 無事に、会わなければいけない……
 あなたも……そうでしょう?」
 祐一は納得できなかった。
 確かに、理屈ではそうかもしれない。
 ここで自分から危険を冒し、死んだりしたら。
 茜も……そして詩子も、きっと悲しむ。
 だがそれでも、早く探さなければいけなかった。
 危険を冒しても、探したかった。
 繭の言い分も、理解できるが、自分には納得できなかった。
 複雑な心境の祐一に、繭の言葉が突き刺さる。

「こんなに冷静に考えたくないよ……。
 こんな理屈に縛られたくないよ……。
 こんな『アタマのよさ』さんて、もういらないよぉ……」

 祐一は、もう、動けなかった。

 やがて、日は沈み、夜になった。
「じゃあ、取りあえず電気はつけないこと。
 ここにいること、誰にも悟られないように。
 寝静まった所に爆弾でも投げ込まれたらおしまいだからね」
 涙が枯れるまで泣き、落ち着きを取り戻した繭の指示が飛ぶ。
 先程までの繭の雰囲気は、微塵もなかった。
「見張りを交代で二人づつ立てましょう。
 交代で寝て、休みをとる。いいわね」
 見張り番を決めて、皆それぞれの行動をとる。
「繭……」
「何よ?」
「さっきは……悪かった」
「……気にすること、ないわよ」
 繭の声は、どこか今までと違っていた。それが何かは、わからない。

 星の光が、彼等を包み込んでいた。
 優しく、優しく、穏やかに。

[←Before Page] [Next Page→]