×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鮮烈の紅


[Return Index]

仮説ドッグへの入り口は、大きく分けて三方向に分かれる。
その各部分に担当二名を置き、潜水艦自体の警護は隊長を含めた4人が行っていた。

――そして、異変は始まった。

「……おい」
「どうした?」
「なんか……聞こえねえか?」
「……何も聞こえないが」
ドッグから見て右側の通路に配置された傭兵、
そのうちの一人が何かを聞きつけたようだ。

「そうか……?」
「気のせいだったのではないか?」
それでも、油断無く周りを見回しながら傭兵の片割れは言った。

岩盤がさらされた通路は、その広さからちょっとの声も反響するようになっている。
現に、今の彼らの会話もほんの少し残響を残している。

不和を訴えた男は、その自分の闘いで培ってきた勘のようなものを働かせて、
その聞こえたものの――不安の正体を突き止めようとした。
だが、聞こえてきたはずの”音”が、再び聞こえてくることは無かった。

「おかしいな……」
「空耳だったんだろ」
なんだ、ばかばかしい。
そう言った風にもう一人の男は肩をすくめた。

「なんかカサカサっていうか……、違うな。こう、風を切る音みたいな――」

それが、男の最後の言葉になった。

シュンッッッ……。

一瞬の空間の凍結。
その間隙を、何ものかの影がが突き通っていった。
男の言ったとおり、それは正しく”疾風”だった。

「な……」
もう一人の男は絶句する。
さっきまで会話していたはずのその位置に、彼の顔が無かったからだ。

そしてその一瞬の隙に、影はもう一人の男の背後に回りこむと首を締め上げた。

「んぐっ!? ぐっっっ……」
うめき声が漏れる。
だが、それもすぐに止まる。
さしたる抵抗も出来ないうちに、男は絶命した。

がちゃん!

彼が構えていた銃が地面に落ちる。
その役目を全うすることも出来ず、もはやただ置き捨てられるだけ。

影は男の絶命を確認するとその手から力を抜いた。
銃の後を追うように、その体はばたりと崩れ落ちる。
その死因は窒息死などと言う生易しいものではない。
……首の骨を握りつぶすような、そのようなものだった。

首を飛ばされた男は、自身を統治するはずの脳を失ったにもかかわらず、
バランスを失うことなく立ちすくんでいる。
そこからはとめどなく鮮やかに赤い血が流れ、
放射状に吹き出すそれから身を庇うことも無く、

――黒い少年は、ただそこに在った。

[←Before Page] [Next Page→]