×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦乙女


[Return Index]

激痛。
痛みで、崩れ落ちそうになる――しかし、それ以上の闘志が彼女を、七瀬留美を奮い立たせていた。
長森瑞佳――。
折原浩平――。
仲間達は、次々と殺されていった。
失った痛み。それに比べれば――この程度。
鉄パイプを、握り直す。
目の前の"高槻"は、冷や汗を浮かべている。少女の思わぬ反撃に、驚愕し、畏れを抱いていた。
もはや彼女の念頭に、「乙女らしく」という概念は消え失せようとしていた。
いや、たった一つだけ「乙女」があるのかもしれない。
それは。

――ガキのくせに、生意気な……!
マスターモールドは、全身を襲う寒気と格闘していた。
ボウガンを握ろうとする手が、おぼつかない。
……そこで気が付いた。毒矢を挿入していない――これでは、鈍器にしかならない。
つくづく、自分のタイミングの悪さに苛つくばかりであった。
――恐れている?鬼ではなく、ただの女を……?くそったれ、なめやがって。殺してやる。
威勢のみだ。
実際の所、マスターモールドには全く武器が無い――ナイフは、遠くに蹴りやられた。拳銃もだ。
頼みの綱のボウガンも、矢の挿入に時間が掛かってしょうがない。多分、その間に、頭を砕かれる。
じりじりと後退していく――ますます、武器が離れていく。
しかしそこで。
視界の内に、ゆっくりと身を起こす鬼の姿が見えた――
――馬鹿な!?確かに当たった筈……!
その一瞬の狼狽を、七瀬は見逃さなかった。間合いを詰め、素早く頭部への打撃を繰り出す。
女子供の一撃だ――。たった一撃では死なない。だが、鉄パイプだ。身を屈め、やり過ごす。
そこに目に入る、相手の足の怪我。
マスターモールドの口端が――にぃ、と笑みの形を象った。
無理矢理な体制からの蹴り。それは、的確に七瀬の傷口を抉った。
「あぐぁっ!」
これには、七瀬も崩れ落ちた。
――チャンス。今なら、脇を通り抜ける事が出来る。
鬼の声。女の脇を通り抜けた――銃までどれくらいだ?そう遠くまでは飛んでいない筈……。
拳銃。己の希望。
それを掴むべく、マスターモールドは走った。
だが。

次の瞬間。耳に届く、怒号。
そして、空を切る音。

がすっ!
自分の頭が叩かれる音――マスターモールドは、何故か、それが遠くから聞こえてくるような錯覚に囚われた。


「あぐぁっ!」
思わず、声が出た。撃たれた傷が、衝撃で、血を吹き出す。今度こそ崩れ落ちた。
前を睨み付ける。"高槻"が、笑っている――。
それは、七瀬の、底知れぬ怒りと闘志を燃え上がらせた。
――弱点狙って叩くなんて……
「こんの……っ、ゲスがぁぁぁっ!」
およそ乙女とは似つかわしくない台詞。
それと同時に、立ち上がりつつ、身体の捻りを加えた鉄パイプの一撃を"高槻"の後頭部にお見舞いした。
丁度裏拳に似た感じだ――が、その威力は数倍。鉄パイプは、その一瞬だけ恐るべき「凶器」と化した。
がすっ!
クリーンヒット。衝撃に、"高槻"の身体が顔面から叩き付けられた――流石に起きあがってはこなかった。
ひょっとしたら、もう起きる事もないかもしれないかもしれない。
反動を利用し、立ち上がる。脛の裏の傷は、未だに痛みの協奏曲を奏でている。
しかし彼女は立った。立っていた。
その後ろに在る、輝く太陽の光を浴びて。

――それを、どんな「乙女」に当てはめる?


即ち、「戦乙女」。

[←Before Page] [Next Page→]