×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血塗られた微笑み


[Return Index]

「……強い子ね」
 沈黙を破ったのは晴香の一言だった。
 床に刺した剣を抜き、言った。
「あなたも見習いなさい?」
「あぁ、そうするよ……」
 晴香は決して祐一に顔を見せようとはしなかった。
(泣いてる……まさかな?)
 続いて床に捨てた硫酸銃を拾い、いまだ呆然としているなつみに向かい言った。
「悪いけど、茜は絶対に殺させない。絶対にだ」
 それは、決意。
 自分に、茜に、そして――詩子に。
 強くなる。茜を守り、そして生き抜くくらいに。
「ようやくまともなことも言えるようになったじゃないの。
 あなたは、どうするの?」
 晴香がなつみに問う。
「……私は……」
 なつみが何かを言いかけた――その瞬間だった。

 放送が、聞こえた。
 死んだ人間の名前を読み上げる、あの放送だ。
 詩子の名前はなかった。だがそれよりも――

「……あゆ?」
 確かにあった。月宮あゆ、と。
 何人も、祐一の知り合いは死んでいった。
 名雪も、美坂姉妹も、舞も佐祐理さんも。
 真琴にいたっては、自分の目の前で死んだのだ。
 そして今、まっすぐに自分の想いを貫き、死んでいった親友がいる。
 その上更に、現実は重くのしかかろうとしているのか。
 目の前が真っ暗になりそうだった。
 今に沈んでいきそうだった。
「!?」
 それを結果的に救ったのは、突如教会に溢れた気配。
 おおよそ、教会という場所には似つかわしくない空気。

 ――殺気だった。

「許さない……。
 あの二人まで……許さない!!」
 殺気の主――晴香が叫ぶ。
 祐一もなつみもその空気に完全に飲まれ、一言も声を出せずにいた。
 保科智子、マルチ、そして神岸あかり。
 僅かな時間しか共にいなかったが、それでも彼女達は友人だった。
 いや、親友だった。
 高槻との会話を思い出す。
 結局何もできなかったのだ。何も。
 刀をきつく握りしめる。
 噛み締めた唇から血が滴る。
 地獄の底まで、高槻を追い詰める。
 この世の全ての苦しみを、奴達に味あわせる。
 そうと決まれば、こんな所にいつまでもいる場合ではない。
 ドアに向かって、走る。
 祐一の声が背に聞こえるが、晴香には届かなかった。

 ドアが開く。
 開けたのは晴香ではなかった。
 現れた女の異様な目の輝きを捕らえ、思わず晴香は足を止めてしまった。
 それだけの狂気が、その瞳にはあった。

「祐一〜、ようやく見つけたよ〜」

 女が、言った。
 明るい声で、血に汚れきった姿で。
「なゆ……き?」
 祐一は呆然とつぶやく。
 何かが間違っていた。
 あんなに背が高かっただろうか? あんな髪型だっただろうか?
「うん、そうだよ〜」

 何かが、間違っていた。
 目の前の光景がうまく認識できなかった。
 天使の去った教会に、血塗られた微笑みが舞い降りた。

[←Before Page] [Next Page→]