×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

死神を連れて


[Return Index]

「―――」
「―――」
沈黙。
国崎往人(033番)は、口を開く事も無く、大きめの石の上に腰掛けていた。
近くに居る三人は、皆、腰を下ろした状態で止まっている。
しかしその間を巡るのは、殺意、畏れ、疑念――
その渦中に立つ少女――里村茜(043番)は、のらりくらりと風を浴びている。
あれからどれくらい経ったことか。
茜の右手には、コルトガバメントが。
晴子の右手には、シグ・ザウエルショート9mmが。
そして、往人の手にはデザートイーグルが握られていた。
もし。
誰かが、己の獲物を持ち上げたなら――
恐らく、放たれる弾丸の数は一つではあるまい。
また、それに奪われる命も――
一つではあるまい。
完全な膠着状態。
複雑に凝り固まったパズルの中に、彼は居た。
二言三言、話をした。
茜の経緯――あれから、何があったか、など。
自分の経緯――神尾親子と出会った時の事、など。
その話の中で、彼女は。
氷上シュン――彼の死を知る。
自分が撃った相手の死。
その反応は。
そうですか――という一言だけ。
それでも。
その顔が、一瞬だけ悲痛に歪むのが解った。
――彼の願いは、叶ったのだろうか?
知る由も無い。

茜は、この状況を楽しんでいるわけではない。
むしろ不快に思う。
出来れば、誰にも会う事無く済ませたかった。
だが、それが叶わぬのも当然の報いだと――天罰だと――そう思っている。
しかし、祐一は遅い。
教会で何があったか、知る由は無い。
「誰」から「誰」を助けるのかも知らない。
それでも。
何も聞かなかった。
必ず帰ってくると思っている。
ヘタレだが、約束は守る男だ。遅くとも。
いや、待て。
そもそも約束なんてしただろうか?
そう言えば、そんな事を口にした覚えは無い。
――しておけば、良かったかもしれません。
何と無しにそんな事を思い――少しだけ、目を閉じた。

すぅ、と目の前の少女が立ち上がる。
晴子は、迷わず銃口を向けた――狙うは頭。
躊躇いは無い。
この子を守る為なら――。
その為に、怯えられようとも――。
「大丈夫です――撃つ気はありませんから」
「――信用出来んわ」
言い放つ。
しかし少女は臆せず、自分の鞄に銃をしまい込んだ。
他に武器は見当たらない。
それでも。
「人を――待ってるんです」
踵を返す。
「ここで、のんびりしてるわけにはいきませんから」
「呑気なもんやな――後ろからブチ抜かれるかもしれへんのにか?」
「――撃てませんよ、貴女には」
冷ややかに、言い放つ。
少しだけ振り向いた顔から見える瞳は、冷たく。
「なっ……」
「守る者があるから、撃つ――それと同時に、守る者があるから、撃てないんです」
隣を見る。
自分の娘が――観鈴が、晴子を見ていた――
僅かに塗れた瞳に映る、自分の顔。
恐ろしい。これが自分の顔か。
「お母さん……」
願うような呟き。
――殺さないで――お願い――
目が、そう語っているようで。
「くっ……」
敢え無く、銃を下ろす。

それを見届け、茜は前を見た。
森へ。
帰ってくるだろう人を、待つために。
「それでは――」
「ちょっと待て」
後ろから、声。
男の声。
振り向けば――デザートイーグルの銃口が、己の額を捉えていた。
――今日はよく銃を向けられる日ですね……。
そんな事を思い、息を吐く。
「勝手に行かれると困る。仲間がいるかもしれないからな」
「――じゃあ、どうするんです」
仲間などいない――そう答えても良かったが、恐らく信用はされまい。
待っている人、というのは嘘と思われている可能性もある。
第一、"人殺し"の言うことなど誰が聞こう?
――往人の出した提案は、極めて単純であった。
「俺達と一緒に行動してもらう」
「……本気ですか?」
「かなり本気だ」
「居候――マジで言うとるんか」
晴子は、半ば呆れた様子だった。
何を言うかと思ったら、それか?――といった感じだろうか。
「こいつが誰かを狙うにしろ、後ろに俺達が居ればそれも出来ないだろ」
「でも、私達の誰かを狙ってきたら――」
観鈴が、若干怯えた様子で呟いた。
銃口を向けられた恐怖は、未だ抜けきっていない。
「その時は――まぁ、穴だらけになるだけだな。
 まさかそんな危なっかしい真似はしないだろう――で、どうする」
問い掛ける。
無論、選択権は無い――向けられたデザートイーグルの銃口が、そう語っていた。
溜息一つ。今度は、酷く長く。
返事の代わりに、再び自分の居た場所に戻った。


【043里村茜 033国崎住人、023神尾晴子、024神尾観鈴と行動決定】

[←Before Page] [Next Page→]