×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

影の世界へ


[Return Index]

もしも、この大きな木に登ったなら。
二階の窓から、なんだか間の抜けた、滑稽な様子を見ることができる。

ベッドに腰掛けた子供が腕を組んで、成人女性を詰問する姿がそこにある。

「じゃあ、なんでよ…」
ぽかんと口を開けて思考を停止しかけるマナに、千鶴は答える。
監視のこと。発信機のこと。爆弾のこと。死亡放送のこと。
耕一と七瀬、そして初音のこと。

「ふーん…」
マナ自身も、高槻の所在を予測するにあたり、管理体制を考察したことがある。
無線の隠しカメラと、その情報を集めて送る送信施設の存在。そう考えた。

しかし、この部屋ひとつに関しても、死角なくチェックすることはやはり不可能だ。
それに発見されれば壊されてしまうだろうから、どうしているのだろうとは思っていた。
「衛星、ねえ…」
ちょっと話が馬鹿馬鹿しく大きい。このゲーム自体、そうなのだが。
しかし…宇宙スケールとは…。

ひとしきり感心した後、なんとなく立ち上がり、上を向いて考えてみる。
「…ま、関係ないけどね」
結論は実にあっさりとしたものだった。
「あたしは、もう誰かと戦う気もないし。
 高槻を倒そうと思ったこともあるけど…結局追い出されちゃった下っ端でしょ。
 それに今、あたしが吐いたら…不自然だもの」
そうでしょう、と確認するようにマナは言った。


なるほどこの娘は頭がいい、千鶴は感心しながら答える。
「…そうですね、せめて相打ちの形をとらないと」
管理の抜け道を通る条件を、二人で確認してみる。

全てを確認した、そう思ったところでマナが鞄を手にする。
「それじゃ、先に行くわ」
「…はい」
そうだ。
自分は、この少女と同行するわけにはいかない。
行けば遠からず衛星に発見されるだろう。
この少女に限らず、全ての生存者と同行することはかなわない。
…少なくとも、日の当たる場所では。

戸口を出ると、マナは振り向かず天を見つめて言う。
「それじゃ、行くから。
 耕一さんと七瀬さん、それに初音さんに会ったら無事を伝えておくわ」
「はい、お願いします」
「だから…あなたも頑張ってね。
 あたしの分も、お願いするわ」
「…はい」
機関銃(これが”あたしの分”らしい)を手に、千鶴は頷いた。

何のために管理システムを欺いたのか。
それは、もちろん管理側と対決するためだ。
他に何の利点があるだろう?

脱出にせよ。
打倒するにせよ。
千鶴達は、三人だけで戦う他に道はない。
光の世界を避けるように、影の世界を行く他に道はない。
…それは覚悟していたことだが、やはり辛いことかもしれない。

帰路を考えても、時間はまだ余裕があった。
それでも、なんとなく寂しくなって、千鶴は駆け足で学校に舞い戻った。


そのころ、教室の一角には巨大なバリケードが築かれていた。
扉を封鎖するように積まれた机が天井まで達しようとしている。
「梓さん、ボク疲れたよぅ…」
「これで最後だから頑張れって…よっ…と」

これでひと安心だろ、そう言って梓は床に座り込む。
それに習って、あゆもぺたんと座る。
「千鶴姉、遅いなあ」
「そうだね…」
二人で時計を眺める。
そのとき、あゆのお腹がくーと鳴った。
「ははっ、あゆ、ホントに食いしん坊なんだな」
「うぐぅ…」
梓は笑って、恥ずかしそうに小さくなるあゆの頭をくしゃくしゃと撫でた。

「まあ最近、なんだかんだでマトモなもん食ってるしね。
 初音の料理も、なかなか上手いもんなんだよ」
「へぇー…」
それを受けて、あゆは驚くべき一言を発する。

「ボク、千鶴さんの料理も食べてみたいなっ!」

「 …… 」
「?」
完全な空白が、そこにあった。

「あー…アタシ、ちょっと寝るわ」
「えっ?」
あゆに背を向けて、ごろんと寝転ぶ梓。

「お、おいしいんじゃないのっ?」
「うん、そう思っていればいいよ。じゃあ、おやすみ…くー」
「え、えっ、そう思っていればいいよって、なにっ?」
「くー」
「気になるよう…梓さんっ、梓さんっ…」


その半時後。
扉を開くなり押し寄せる机に、あやうく下敷きにされかけた千鶴が
梓を叩き起こす頃には、あゆは二度と千鶴の料理を食べたいとは
言わないようになっていた。

…あゆは知っていた。
ちゃんと食べれるものを使っても、謎なものになる場合がある事を。


【017柏木梓 020柏木千鶴 061月宮あゆ 再び合流】
【088観月マナ 発信機情報を胸に往人、耕一&七瀬、初音を捜索】

[←Before Page] [Next Page→]