×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

fluff


[Return Index]

七瀬彰は獣のような慎重さで、葉子の死角に回り込んだ。
そしてことさらに、慎重に、慎重に、近付く。

そうだ。いいぞ。
一瞬で決めろ。

自分以外の、他者の、意識か。それとも、自らの渇望か。
無力な牝を、襲い、屈伏させ、侵略する。

僕は、何を。
ようこさん。と言っていた。
葉脈の葉だったか、太陽の陽だったか。そんなどうでもいいことに意識がふと向いた。
僕は……僕は……戻らなくてはいけなかった筈。
何処だっけ。
そこには、僕の――
誰だっけ。
まあ、いいさ。

そう。今は集中すればいい。もう少しだ。もう少し近付いたら、僕は一気にキめる。
そうとも。今は、目前のエモノにだけ集中しろ。
まずは一人。お前の力でもぎとってしまえ。
その牝の、体を奪え。心を犯せ。
次々と蹂躙を繰り返せ。そしていずれ。
俺と。
僕は。

一つの、鬼になるために。

じわり、じわりと、彰は葉子に近付く。
そして、一気に躍り出る。

今までの追跡で、葉子の体の状態も大体分かっていた。
この女は、消耗している。
もう、この牝は、俺から逃げられぬ。
俺の、
僕の、
勝ちだ。

葉子は突然現れた人影に驚き、とっさに身構える。
ななせ、あきら。
たしかそう呼ばれていた。あの診療所で、たしか見た顔。
彰だか、明だか……でもそんなことは、もう関係ないようだ。

「あなた、誰」

目の前に居る若者。
多分あの時、あきらと呼ばれていた男。
しかしその雰囲気も、なによりも眼光が。
とても、人間とは思えなかった。

だから葉子は訊いた。
「あなた、何者」

あなた、誰、だって?
まあ、知らなくても無理はないか。
だってそこでは、僕は、――と。
――出てこない。もう一度考える。
たしか、僕は、――ちゃん、と。
いかん。まずい。目の前に集中しろ。惑わされては駄目だ。
そうだ。まずはお前の目の前にある牝を。
僕の目の前にいる彼女を。
お前の手で奪え。侵し、服従させろ。

そうだ。僕にはもう、なにもないから。
美咲も。祐介も。
だから、奪っても、誰がそれを非難する。

彰は獣のような素早さで、葉子の手を凪ぎ払う。葉子の最後の、縋るべき武器が弾かれる。
葉子はそのはずみで、腰から地面に叩きつけられる。
彰はその上に、容赦なく乗りかかってきた。
まずは両手を抑えつけ。
そうだ。
腰の上に体重を乗せる。
そうだ。それでいい。
葉子の左手を抑えたままの手を、葉子の顔に持っていき、顎を無理矢理こじ開ける。
そして、まずは唇を犯す。
彰の舌が、葉子の口腔を犯す。
初めてにしては、上出来だ。そのまま、そのまま、慎重にいけ。
手負いの獣は、一瞬の隙をついて逃げ出すものだ。

……暖かい。
ひとの、体温だ。
――とは、少し違う暖かさ。
そう。僕と、――も、確かこうして、お互いの体温を確かめあった。
僕と、初――

葉子を征服しようとした、彰の力が、一瞬、緩んだ。
無論、葉子はそれを逃さなかった。

がりっ。

「!!!!」

声にならない叫びをあげ、彰は跳びのいた。
野郎、舌を噛んだ。
幸い、たいした傷ではない。
しかし、驚きのあまり、葉子への戒めを解いてしまった。
まずい。

(僕は……何を……僕は……初――)

いかん。
今はまずい。落ち着け。まだ間に合う。急いで奴に飛びつけ。奴の武器に、手が届く前に。
しかし、彰は、葉子をどんと突き飛ばし、そのまま森の奥へと駆け出して行った。

遠くへと。少しでも遠くへと。

――ちっ。失敗したか。臆病者め。
まあいいさ。じっくり、決めてやる。
「初音」の存在が、こいつの枷になっている。ならば、どうしたらいい?
忘れさせればいい。
あまり、力を、使わせる、なよ。

彰はいつしか、駆け出すことをやめた。
歩みがのろくなると同時に、彰の頭脳も急速に鈍くなっていった。

自分が。
なんのために。
ダレノタメニ。
ドコヘ。
そんなことも、考えるのが億劫になっていった。
彰の中にいる、鬼の干渉。彰の意識はぼやけたものになっていった。
視界の全てが、モノクロームで構成されていった。

あまり、消耗させるなよ。
早いとこ、誰かをモノにしないと。
こいつを早いとこ、ケダモノに堕とさないと。
こいつは、俺に、勝ってしまう。
俺は、こいつに、負けてしまう。

葉子は、どうやら、難を逃れた。
とりあえず銃を拾い、身構える。
周りに他人の気配がないことを確認すると、とりあえず近くにあった大きめの木の下に移動する。
多少周りの見通しがよくなったし、一応背中を守れる。

今の青年。診療所では、あきらと呼ばれていた青年。
普通じゃなかった。あの目はまるで、獲物を襲う獣。
ただ、葉子の一瞬の反撃の後、「正気が戻った」ように見えた。
何らかの力の影響をうけて、彼はおかしくなっていた?
もしかしたら、不可視の力。
いえ、それはたぶん違う。私を蝕むこの疲労と倦怠感がなによりの証拠だ。
不可視の力が万全なら、あのような遅れを取ることもなかったはず。
人の能力が制限されるこの島で、発現しえる力とは――。

今更ながら、自分の危険を再確認し、葉子は身震いした。
幸い、たいした危険といえるものではなかったが……
ともかく、危険は去ったようだった。

さて、これから、どうする。
そんなことを考えるのすら、今の葉子には、気の重い仕事だった。

[←Before Page] [Next Page→]