×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Wheels of confusion


[Return Index]

僕は、犯してしまった。
おそらく、もっとも卑劣な罪を、
僕は、犯してしまった。

僕は、何をしていたのだろうか。
診療所で、きみと結ばれて。
そうだ。祐介を探しに行ったんだ。
この島で再会した僕の従兄弟。
傍らには、少女がいた。天野美汐――そんな名前だった。
二人とも、とても強い目をしていた。

僕にはふたりが、この血塗れの島の、たったひとつの奇跡みたいに見えた。
祐介。美汐。二人にはせめてこれから、幸せな人生を送ってほしい。そう望んでいた。
だって僕には。

――美咲。それが僕の好きだったひと。
巡り会う前に、彼女は永遠に失われていた。

だから、せめて、他人の礎になろうと。
ここまで死ななかったのが不思議なほど。
混乱の中を切り抜けてきた。

だけど。
僕には、好きなひとができた。
守ってあげたい大事なひとができた。
柏木初音。それが彼女の名前。
見た目は小学生みたいなかわいい娘なんだけど。――祐介、笑うなよ。
いろいろあったけど、僕らは再会し、結ばれることができた。
そんなときだ。おまえに会いたい、そう思ったのは。
祐介には美汐さん。
僕には、初音ちゃん。
それに、懐かしい日常へ回帰する手がかりも見つかった。
だから、祐介にもそれを教えたくて。
だけど。

だけど、おまえは見つからなかった。
一体どこに行っちゃったんだよ。

そのうち、頭がぼうっとしてきた。
体はあんなに調子よかったのに。
時々、記憶が飛んでいた。

おまえがみつからなかった気もした。
洞窟にいたような気もした。
ようこさん、に会った気もした。
自分以外の誰かが、ずっと語りかけているような気がしていた。

そして。
あれは、「気がした」なんてものじゃない。
あれをやったのは、僕だ。

僕は、渇望していた。
――牝の臭いと、肉の欲望に。
だから、犯した。
彼女を犯し、その娘も手にかけようとした。
そして気づいた。

これをやっているのは、僕じゃないか。

そして――。

足が痛い。
こんなに歩けたのが不思議なくらいだ。
どうみても、まともに歩ける足じゃない。僕の足は。
足が痛い。
初音。
初音ちゃん。
会いたいよ。

でも。
ぼくは、どんな顔で君に逢うことができるんだ?
そんなことを考えるうち。
見つけた。
祐介。
でも、それは。

もう、死んでいた。

美汐と二人。まるで夢見るように。
とても幸せそうに。

祐介。
死んでもなおきみは。
まるで、僕の希望であるかのように。
僕は、泣いていた。

希望。
それは遙か遠くにあるように思えた。
あの時、確かに感じた幸せ。そして希望。
しかし今の僕は、
相変わらずの、混沌の中。

疲れ果てていた。
体が重くてしかたない。

ここで、眠ろう。
もうどうなってもいい。
目が醒めたらそこは、あいかわらずの混沌の中。
混乱の歯車。

でも。
次に目が醒めた時。
はたして、
僕は、
僕のままで
いてくれるだろうか。

[←Before Page] [Next Page→]