×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なんでだろう…


[Return Index]

 自分の手から三度矢が放たれる。
 右手が一瞬、魔力で熱くなるのが感じられた。
――ヒュン!――
 手応えは無い。
 身体が音のする方へ駆け寄る。
(あれはただのアラーム……)
 知識が自然とはじき出す。
「なんじゃこれは!」
(囮だ、アラームは囮、囮? 囮…囮……)
 麻痺した頭で同じ言葉が繰り返される。
 何か答えが出そうなのに出てこない。頭が答えを出すのを拒んでいるかのようだ。
 操られ始めて。抵抗して。逆らえなくて。自分の身体で人が殺されて。
 もう何も考えたくなかった。
「ゲーム・オーバー」
 振り向いた先に銃口。
(あ…、罠…)
 考えたくなかったのに、無情にも理性が答えを出した。


「くうううっ!」
 口から出た言葉は、自分の意志で出した言葉では無い。
 意志で出せた言葉はもっと小さな声。
「いや……死にたくない…や…だ……」
――カカカカカカカカ!――
 自分を守ろうとする別の意志が障壁を張る。
 涙が頬を伝う。
 緊張でのどがカラカラに乾く。
「や…死ぬのは…死……」
 叫ぶことすらできなかった。
――パララララララララララッ!――
 二度目の斉射が近くのバッグを襲う。
 自分ではなく、明らかに狙いはバッグ。
 意味するところはわかった。
「ひ……」
(ひどいよ……)
 彰と目が合った。
 彼の顔は…。
(なんでだろう…)
 苦痛でひどく歪んでいた。
――ドゴオオオオオオオオオオオオオン!――

[←Before Page] [Next Page→]