×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

to the end ―そぞろ歩き―


[Return Index]

 再び闇に埋もれたこの島で、俺は一人彷徨っていた。
 他の皆は一足早く潜水艇で脱出したところだ。
 何故俺が残っているのか、理由は簡単。単に定員オーバーだったんだ。
 元々二人乗りだったところに全員で乗り込もうとしたのだから、無理もない。
 女の子達には先に行ってもらった。それだけのことだった。
 梓は、悪いね、などと言っていたけど……無事に帰れただろうか。

 なんとなく島を歩きながら、これからのことを考える。
 一体、俺達はどうなってしまうのか。再び日常に還ることができるのか。
 いや、そんなこと考えるまでもなかった。
 戻れるわけがない。
 この島で、皆、大切なものを失ってしまった。
 家族、友人、或いは恋人を、あまりにも理不尽な死によって。

 人として大切なものをなくした人もいる。
 俺もその一人。
 例え、どんな理由があろうとも……。

 人を、殺してしまったんだ。

 全てが終わり一人になって、俺は改めてそのことについて考えた。
 あの時の感覚が、今更確かな実感となって、俺を蝕む。
 手を目の前にかざし、掌を見る。

 この手で殺した。人を殺した。

 こんな人間が、再び日常に埋もれて過ごすなんて。

 許されるわけないじゃないか。

 夜風に吹かれながら、高い、高い空を見上げる。
 三日間、俺達をただ見下ろすだけだった、この空を。
 空は俺達に何もしてくれなかった。ちっぽけな俺達に、何も……。

 いや、案外そうでもないか。
 今、こうやって、星明かりが大地を照らしてくれる。
 俺の歩く道を照らしてくれる。
 その先は、決して、明るいものではないだろうけど。

[←Before Page] [Next Page→]