×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

to the end ―遊泳―


[Return Index]

 道の真ん中で、俺は、はっと顔を上げた。
 ひどく寒い。
 それに、一瞬、夢を見ていたような……。

 いや、それは夢ではなかった。

 俺の手は、やはり血で汚れていた。
 洗っても決して落ちることのない、ココロの痕から流れ出た見えない血だ。
 それに気付いたとき、俺の中に、スッポリと「穴」が開いた。
 「あの時」、俺は彼を迷わず殺していればよかったのだろうか。
 それとも、ナイフを受け入れるべきだったのだろうか。
 多分どちらでもよかった。よかったはずだ。
 なのに俺はどちらも選べず、殺したくないなんて言いながらも、恐怖に負けた。
 無意識のうちに殺してしまった。
 殺意をコントロールできなかった。
 できなかった……。


 ――俺は、やはり大切な何かを失くしてしまったんだ――


 ドクン

 何かが、俺の中で蠢き出した。
 これは……俺の「鬼」だろうか。
 今の俺にはお似合いだった。


 後味の悪さと、虚無と、決して消えない罪が、俺を蝕みはじめた。
 いや、それはもう終わっていたかもしれない。

 空に輝いていたはずの星明かりは、今や一つも見ることができなかった。
 闇、深く、進んでいく。
 それは本物の景色なのか、それとも俺の心の幻想なのか。
 俺にはわからなかった。


 救助船が島に到着したが、いくら探しても、柏木耕一の姿を発見することはできなかった。
 そして今も、彼の行方はわからぬまま。

[←Before Page] [Next Page→]