×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

融けない記憶


[Return Index]

知らない。
何も知らない。
だって知る必要が無いから。
他の事なんて必要ない。
要らない。
何も要らない。
だって見つけたから。
探し物、見つけたから、。
だから他のことなんて必要ない。
ねえ、大切なものは一体何か、知ってる?

――私は、知ってる。


『でも僕はっ!』

『はるかのことを本当の妹だっておもってるから!』

『それを覚えておけっ!』


――ほら、こんなに。

私の大切。
私だけの大切。
私だけのりょうすけ。
私だけのお兄さん。

絶対に、離しは、しない……。

「……ん」

目覚めればそこは暗闇の中。
いや、本当に目を開いたのかどうかさえ怪しい。
真っ暗。
真っ黒。
信じられないほどの闇。
どうして私はこんな所にいるのだろう?

ぢゃり……。

右手が重い。
よく確かめてみると右手だけじゃない。
全身を覆うような疲労感を除いても、まだ異常に感じられる負荷が在る。
これは……楔?
戒め?
よく、テレビとかで見る。
西洋の奴隷や犯罪者が足首につけているような、あれだ。
鉄球、なのか?
視界は完全に塞がれているようなものなので、判断はつかない。
だがこのうつ伏せの姿勢から、上半身を上げることさえ出来ないのだから、
その重さはたいそうなものだろう。
どうして、こんなことに――。

ヂャッ。

              「ロスト体でありながらも、無意味に生き続ける生物…」
「…やっと見つけた」

         「――ハエ叩きでハエをペシッて叩くみたく」


            「命に従い消去する」


                                ヂャッ。

「ひぅっ!?」
恐怖が、私を駆り立てた。
持ち上がらないはずの両手で、顔を覆おうとする。
だが、それはその通り叶わない。

一瞬、目の前を染めた紅。
あれは誰の血だったの?

私?

それとも……。

……郁未?

「私は……」

喉が渇く。
脅かすものなど此処にはいないはずなのに、無性に乾く。
言いようの無い不安が、心を鷲掴みにする。
助けて……。
誰か助けて……。
誰でもいい、お願いだから……。
郁未……由依……。

……………………良祐。

私が気付いてしまう前に。
本当のことを思い出してしまう前に。
誰か連れ出して、ここから。
私を遠くに連れてって。

お願い……。


                        「……私、何故生きてるの?」

[←Before Page] [Next Page→]