×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冷たい雨の少女(1)


[Return Index]

 039番、上月澪は森の中を走っていた。
 わけがわからなかった。
 こんな場所に連れてこられ、殺し合いなんてさせられて。
 少し前までは、学校で平凡な日常を過ごしていたのに。

 木の根に足をとられ、転ぶ。
 だがすぐに起き上がり、走り出す。
 誰かに狙われているかもしれないのだ、止まっているわけにはいかなかった。
『こわいの。嫌なの……』
 瞳に大粒の涙を浮かべながら。

「澪!」
 誰かに呼ばれ、振り返る。
 043番、里村茜だった。
『先輩なの!』
 知らない人間ばかりのこの場所で、折原浩平と並んで信頼のおける人だった。
 一見冷たいように見えて、実は誰よりも心の暖かい少女。
 気付いた時には、茜の胸に飛びこんでいた。
「澪……怖かったの?」
 うんっ。
 首を縦に振る。
「そう。もう大丈夫……」
 先輩の声が聞こえる。
 よかった、こんなに早く会えてよかった。
 信頼できる人に。
 その時だった。
 首筋に痛みが走る。
 全身から力が抜け、地面に倒れた。
 何が起きたのかわからない。
 だが、最後に見えたのは、血の滴るナイフを持った茜の姿だった。

「もう、何も考えないですむでしょ」

 その声が澪の耳に届くことは、なかった。


039番 上月澪 死亡
【残り98人】

[←Before Page] [Next Page→]