×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冷たい雨の少女(2)


[Return Index]

 殺した。
 可愛い後輩を、いともあっさりと。
 不思議と罪悪感は感じなかった。
 私は、絶対に帰らないといけないから。
 あの空き地で、彼をずっと待ち続けなければいけないから。
 私がいなかったら、彼は帰って来ることができなくなるだろうから。

「私も、奪う側に回ってもいいですよね?」

 そう呟く。
 澪の背負っていた、今や血にまみれている鞄に手をのばした。
 武器を探す。だが見つかったのは、多少太い木の棒だけだった。
(外れ……)
 はぁ、と溜息をつき木の棒を投げ捨てる。
 そして、次の獲物を探しに、走り出した。

 自分はこんなに早く走れただろうか。
 こんなに体力があるのだろうか。
 人間、極限状態まで陥れば、普段は眠っているような力が発揮できるとか。
 そんなことはどうでもいい、絶対に、私は生き残る。
 澪も殺した、もう迷わない。
 ただ……
「私は……詩子まで殺せるの?」
 その問いに答える者は、誰もいなかった。

【残り98人】

[←Before Page] [Next Page→]