×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

閉ざされた教室


[Return Index]

隣にあるのは、あかいカタマリ。
頭の半分を吹き飛ばされ、きれいだったろう顔が見事に歪んでいる。
見も知らぬ少女。

「――ッ」

吐き気がした。
目をどんなにそらしても、あのうつろな眼だけは私を追いかけてくる。
これは夢じゃない。
これは、ゆめじゃない。

「049番、新城沙織さん」

また、知らない子が教室を出ていく。
扉を開ける間際、その怯えた視線がちらりと少年に向けられるのが見えた。
……知り合い、なんだろうか。

だけど、次に生きて会える保証なんか何処にもない。
この他人ばかりの群の中で、信用なんてできるはずがない。
ぎらついた眼をした年かさの男。涙をこらえていた緑の髪の小柄な少女。
何度もしゃくりあげ、追い立てられるように教室を飛び出した眼鏡の子。
スタート直後、毅然とした眼で教壇の男を睨んで出ていった風変わりなひと。

――誰も彼もが、明日には私を殺すかもしれない。

振り返った先には、母親にしがみついて泣いている名雪の姿があった。
あのことイチゴサンデーを食べることは、もうできないんだろうか。
名雪。名雪は私を、殺すんだろうか。

「お姉ちゃん……」

か細い声にはっとさせられて、私は隣に座っていた栞を見た。
「置いて、いかないで」
押し出すように発された言葉。
「ひとりは、いや…」
今にも泣き出しそうな、頼りない声。

……ああ、そうだ。私は、わたしのできることは。

無言でふるえる栞の手を握りしめ、私はなんとか笑おうとした。
「大丈夫、よ」

姉妹でよかった、ほんとうに。
だって――出発するのは、ほとんど同じ時間だから。

[←Before Page] [Next Page→]