×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 森の中で、観鈴は立ち止まる。
「もう、嫌だよ。
 私がいると、おかあさんや往人さんに迷惑かけちゃう。
 私なんかといると、死んじゃうよ。
 もう……ゴールしてもいいよね」
 自分の手元には、投げナイフがあと2つ。
 だが観鈴には自ら命を断つという選択は出来なかった。
 今まで生きてきた人生の中で、どんなことにも耐えきるという『強さ』がついてしまっていた。
 このままどこかに行こう、おかあさんにも、往人さんにも見つからないところへ。
 そう思い一歩踏み出す。
「何を思っていたんだい?」
 声が響いた。

 声の主は、今まさに観鈴が歩こうとしていた方からやってきた。
「誰……ですか?」
「大丈夫、危害を加えるつもりはないよ。もっとも、信用はできないだろうけどね。
 で、君は今、何を考えていたんだい。
 よければ教えてくれるかな」
 喋ってもいい気がした、この少年の雰囲気がそうさせたのだろうか。
「おかあさんが探してるの。
 でも、私といたら、私泣いちゃうから。
 目立っちゃうから、危ないの。
 だから、一緒にはいられないの」
「そう。
 だけど君のおかあさんは、それでも君と一緒にいたいんじゃないかな。
 こんな中で、全てを受け入れて最後まで、君と一緒にいたいんじゃないかな。
 君のことが好きだったら、そうしたいはずだよ」
「私もおかあさん大好き。
 だから、一緒にいちゃいけないの……」
 泣き出したかった。
 本当は一緒にいたかった。
 自分の中のどこかが、頑にそれを拒んでいた。
「そう。
 でも、人にはそれぞれに幸せがある。
 自分の本当の気持ちと、おかあさんの気持ちが一緒なら、それでいいじゃないか」
 少年の言葉が心に染みる。
 いいのだろうか。本当にいいのだろうか。
「一度眠るといい。目が覚めたらきっと、君にとっていいことが待っている」
 どうしてだろう、眠くなってきた。
 力を失い倒れかけた観鈴を、彼は支えた。
 そのまま木にもたれかけてやる。
 そして自分もその横に座り、その人の到着を待っていた。

「観鈴っ!」
「来たみたいですね。大丈夫、眠っているだけです」
「あんた何者や。観鈴に何かしたんか?
 もし何かやってたら、あんたのこと絶対に許さへん!」
 言って少年を睨み付ける。
 少年は全く動じなかった。
「この子は人との愛情に餓えています。
 あなたが優しく包み込んで、声をかけてあげて下さい。
 そうすれば、全てがうまくいくはずです」
 そう言い、少年は立ち上がり、歩いて行こうとした。
 晴子はぽかんとしながらも、訊ねた。
「あんたは誰や。名前ぐらい、教えんかい」
「――氷上シュンといいます。それでは」
 それだけを言い、氷上シュン(072)は姿を消した。

 目を覚ます、誰かに抱かれていた。
「おかあさん……」
「もう大丈夫や、観鈴。うちはずっと、あんたと一緒や……」

[←Before Page] [Next Page→]