×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 川名みさき(028)は絶望していた。
 自分は目が見えない。
 ゲームが始まる前から、既に脱落を宣言されているようなものである。
 やる気になっている人は必ずいるだろう。
 そんな人の前では、自分は無力なのだ。
(もう、いいか……)
 幸い、自分の連れてこられたここは学校のようだった。
 学校の構造なんてどこも似たようなものである。
 最後に風を感じたかった。

 武器の支給を辞退し、教室を出る。
 壁を伝って、一歩一歩、ゆっくりと歩いた。
 階段を見つけた。
 一段一段、上がっていく。
 そして、ドアがあらわれた。
 カチャ……キィ……
 鍵はかかっていなかった。
 ドアを開け、屋上に出た。

 出来ればフェンスの所まで歩きたかったが、そもそもあるかわからない。
 そこで、二十歩歩いて止まることにした。
(一歩、二歩、三歩……
 ……十八、十九……二十歩)
 腕を広げ、風を感じる。
 思いのほか、暖かかった。
 見えない目を閉じた。
 こうしているだけで、あの学校の屋上を思い出せる。
 屋上ばかりではない。小学校の頃から通っていた校舎まで。
 全てが、自分の中にある。

(もう一度、帰りたかったな)
(浩平君に、会いたかったな)
(ゴメンね、雪ちゃん………)

 その十分後、風とは違う音が聞こえた。
 そして同時に、みさきの意識も、閉じていった。


「一体何をやってたんだろうな」
 藤田浩之(077)は、屋上の縁で手を広げる少女を見つけ、支給武器であるオートボウガンの引き金を引いた。
 矢は綺麗に少女の胸を貫き、バランスを崩した少女はまっ逆さまに落ちていった。
 人を殺した。だが、何の感情も涌きはしない。
 それよりも……
「かったりぃ、さっさと終わらせて帰るぜ、俺は」

028 川名みさき 死亡
【残り095人】

[←Before Page] [Next Page→]