×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 目の前の光景。
 血のついた制服姿で倒れている瑞佳。
 血まみれの姿でナイフを持っている住井。
 この状況から、浩平が想像したのは、一つの可能性。
「住井ぃ!」
 叫ぶと同時に発砲。
「!?」
 当たらなかった。さらに続けて叫ぶ。
「お前! 長森を……っ!」
「お、折原!? 違う、俺じゃないぞ、落ち着け!」
 そう言って持っていたナイフを投げ捨てる。
 だが、浩平は止まらなかった。
「黙れ! お前……信じてたのに!」
「おい、本当に落ち着け!」
 住井の言う事も聞かず、発砲を繰り返す。
 そして遂に、銃口が住井を捕らえ……
「やめんか、どアホッ!!」
 七瀬のツッコミを食らい、そのまま地面に倒れ、意識を失った。

「悪い、本当に済まない!!」
「まったく……冗談じゃないぞ……」
 落ち着きを取り戻し、一部始終を聞いた浩平は素直に謝った。
「ま、あの状況なら、疑われるのも無理はないが……それにしてもいきなりか」
「だから、悪かったって言ってるだろ」
「態度がでかいわっ!」
 七瀬からまたもツッコミが入る。
 浩平はこれ以上この件について話すのは止め、真剣な声で住井に訊ねた。
 ひょっとしたら、こいつも……という恐れを秘めて。
「で、住井。長森が襲われてることを知らなかったんだろ。
 お前、このゲームに……」
「違うね。離れた所から見てたが、あの女の子は見境がなくなってた。
 無抵抗の女の子が助けを求めてるのに、殺そうとしたんだ。
 気がついたら、体が動いてた。
 助けの声が長森さんに似てると思ったけど、本当に長森さんだったなんてな。
 血まみれの俺を見て、気を失ったんだ……」
 浩平の言葉を遮り、言った。
「住井君……」
「そうか……悪かった。
 結果的に長森を助けてくれたんだ、ありがとう。
 これからどうするんだ? お前」
「そうだなぁ」
 少しの間考え、そして言った。

「とりあえず、従兄弟がいたから、そいつと連絡取りたい。
 北川潤って言うんだが、俺の従兄弟とは思えないくらい、馬鹿な奴だ」
 その北川も同じことを住井に対して思っており、実際は二人とも殆ど同じ性格である。
 だからこそ昔から、この二人は仲が良かった。
 何かにつけて気が合い、馬鹿な悪さをして、よく怒られていた。
 高校になってから会ってなかったが、こんな所で再開するとは。
 人生なんててわからないものだ。
「じゃあそろそろ行くよ。
 そうだ折原。長森さんと七瀬さんを守ってやれよ。
 二度と目を離すんじゃないぞ」
「あぁ……」
「そうよ、あたしは乙女なんだから」
「そういうことだ、じゃあな、三人とも」
 住井は立ち上がり、まだ気絶している長森の方にも目を向け、歩き出した。
 そしてふと立ち止まり、つぶやく。
「あんなことは言ったが、無意識で人を殺したんだ。
 折原、俺、狂ってるのかな?」
 浩平には答えられなかった。
 自分も勘違いし、逆上し、親友である住井を殺そうとしたのだ。
 普段はわからない心の闇が、姿を覗かせているのかもしれない。
 そしていずれ、俺も見境なく――
 浮かんだ考えを否定し、住井に向かい言った。
「また、生きて会おうな」
「あぁ」
 住井は、今度は、走り出した。

[←Before Page] [Next Page→]