×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 ザクッ

 背中に何かが刺さった。
 足音は聞こえなかった、が、誰かいたのか?
 健太郎は考えるより早く振り向き、ガバメントを撃つ。

 パンパンパンパンッ!

 気持ちいい。痛みが和らいでゆく。
 自分はこの音を聞く為に生まれてきたのではないかと、そんなことを思う。
 だが、弾丸は襲撃者に当たらなかった。
 襲撃者は撃たれるのを見越し、ナイフを刺した後にすぐ場所を移動していた。
 そして、背後からもう一刺。
 健太郎にとって、それが致命傷となった。

(はは、あっけないもんだったな。
 最後にもう一度、あの音が聞きたかった)

 パンパンッ!

(そう、パンパ……)
 それが最後の思考となった。


「笑い声で場所を特定できたのは、あなただけじゃなかったんですよ」
 健太郎の手から奪い取ったガバメントを構え、里村茜は言い捨てた。
 ナイフについた血を、鞄の中にあったタオルで拭き取る。
(手榴弾に、この銃、ナイフ……これでかなり有利になった)
 二つの死体から武器と水を奪い、茜は早々にその場所を去っていった。

095宮田健太郎 死亡
【残り90人】

[←Before Page] [Next Page→]