×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「相沢君!」
 住宅街の路地裏を走っていた相沢祐一(001)は、聞き覚えのある声に足を止めた。
「香里……栞……」
 振り向いた先には美坂香里(085)、美坂栞(086)姉妹が寄り添うように立っていた。
「祐一さん、会いたかったです」
 涙声で栞が言う。
「二人とも無事だったみたいだな。よかった……」
 祐一は先程既に刃物で刺された死体を見てきたところだった。
 ひょっとしたら、自分の知り合いも既に殺されているかもしれない。
 そんな気がしていたので、二人の姿を見られたことは喜ばしいことだった。
「相沢君、私達、どうなっちゃうのかしらね」
 聞いたことがなかった。
 この少女が、こんなに弱々しい声で喋るところなんか。
 だが、こんな状況で、裏打ちもなしに元気づけることもまたできなかった。
 無力な自分が悔しくて、
「そんなの、わからない……」
 それでも、こんなことしか言えなかった。
「そうね。ごめんなさい」
「いや、俺の方こそ、悪い……」
 沈黙が支配する。
 口を開いたのは栞だった。
「祐一さん、一緒にいてくれますよね?
 一人でも味方が多ければ、なんとか逃げ出すことも、出来ますよね?」
 栞の頼みに、しかし祐一は、悲痛な顔しか見せなかった。
 できるものなら、一緒にいてやりたい。
 一緒にいるだけで、二人の気が楽になるなら。
 だけど、俺には――
「すまない。それは、出来ない。
 探さないといけない人がいるんだ。
 探さないといけない人が。
 だから、一緒にいられない」

 栞は何を言われたのかわからなかった。
 きっと「あぁ、俺でよければ」なんて、いつもの調子で言ってくれると思っていた。
 隣にいる香里も同じように思っていたのだろう。
 明らかに動揺していた。
「そんな……そんなこと言うひと……」
「嫌われてもいい。それでも、一緒に行けない」
「……どうしてですか、誰なんですか、その人って!
 あゆさんですか!? 名雪さんですか!? 答えて下さい!!
 答えて!!」
「……っ、栞、落ち着きなさい!!」
 完全に取り乱していた栞を、なんとかなだめようとする香里。
 だが栞は構いもせず、泣きわめくだけだった。
「……昔の知り合いがいたんだ。
 もう会うこともないと思ってたのに、こんな所で。
 今度こそ最後になるから。言っておきたいことがあるから」
 そうだ、その人に会うためなら、例え誰を哀しませても、止まるわけにはいかない。
 いとこの少女も。
 身元不明で記憶喪失の少女も。
 夜の学校で会った不思議な先輩も。
 日溜まりの街で会った子供っぽい女の子も。
 哀しませることになっても、止まれなかった。
「そんな……嫌、祐一さんっ!
 どうして……どうしてっ!!」
「栞っ!」
 パンッ!
 香里は栞の頬を叩いた。
 今までそんなことをしたのは、一度もなかった。
 手も、心も、痛かった。
 栞はしばし呆然として、
「う………うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
 香里の胸に飛びつき、泣きじゃくった。
 香里は優しく抱きとめ、そして、まだ突っ立っていた祐一に言った。
「ごめんなさい。辛い思いをさせて……
 行っていいよ、もう……」
 あの少女に会うためなら、どんなことにも耐える。
 決意はあったが、実際は、想像よりも辛かった。
 目の前の光景に、心が押しつぶされそうだった。
「……ごめん」
 早く離れたかった。
 それだけ言い、走る。
 栞の泣き声が、いつまでも、耳から離れなかった。

 祐一がその少女に出会ったのは、中学校の入学式。
 その日は朝から雨が降っていた。
 そして、雨の空き地に、少女はいた。

 学校で少女が同じクラスであることを知った。
 朝の光景も頭にあったので、思わず声をかけていた。
(君、朝、あの空き地で、何をしてたんだ?)
(…………)
(こんな雨の中で、ラジオ体操でもしてたわけじゃないだろ)
(ラジオ体操です)
 それが出会いだった。
 あゆとの記憶をなくした祐一の、初恋だった。

 その後、祐一と少女はある程度は話すようになった。
 だが一年後、祐一は親の転勤で遠くへ引っ越すこととなった。
 臆病なまま、少女に気持ちを伝えられず。

 だから、俺は今走っている。
 今度こそ、伝えたいから。

 手持ちの武器は、見た目は昔遊んだエアーウォーターガン。
 だが中に入っているのは水じゃない、濃硫酸だ。
 化学反応を起こさないよう、材質も特殊なものを使用しているらしい。
 替えのボトルは大量にある。
 どこまでこの武器で乗り切れるかわからないが、とにかく、会わなければいけなかった。

 茜……どこにいるんだ。

【残り89人】

[←Before Page] [Next Page→]