×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「……」
「……」
 運命の悪戯――
 そんな言葉で片づけてもいいかもしれない。
 河島はるか(026)。
 遠野美凪(062)。
「……こんにちは」
「……どうも」
 お互いに、何気ない挨拶を交わす。
「えと……殺し合いしなきゃダメかな」
「それは残念です……」
「じゃ、やめよっか」
「それがいいと思います」
 あっさり合意し、二人はまた沈黙した。
「……」
「……」
「……あの、一緒に行く人、いる?」
「……いえ……残念ながら……」
「じゃ、行こっか」
「そうしましょう」
「良かったね」
「ぱちぱちぱち……」

 並んで歩くはるか、美凪それぞれのデイパックからは、明らかに業物と見て取れるうり二つの刀が、
 その豪奢な柄頭を覗かせていた。

[←Before Page] [Next Page→]