×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

決別


[Return Index]

「…月澪 052セリオ 055高瀬瑞希 063長岡志保 067名倉…」

 その放送を聞いたとき、千堂和樹(053)は目の前が真っ暗になるのを感じた。
(瑞希が……死んだ……)
 一瞬にして全身の力が抜ける、自らの体重を支えきれなくなった足は折れ、地面に膝をつく。
(嘘だ……嘘だ……)
 うわごとのように繰り返す。
「嘘だ……嘘だ……嘘だ……」
 次第に声は大きくなる、
「嘘だ…嘘だ嘘だ嘘だ嘘だァァァァッ!」
 絶叫がこだまする。

「どうしてだよ……なんでだよ……」
 いつも一緒にいた存在、助けようと思ってた仲間、かけがえのない人、世界で一番好きだった人、自分の半身。
「みんな……みんなそろって助かろうと……誰一人欠けることなくまたあのこみパに戻ろうって……そう思ってたのに」
「どうしてお前が逝っちまうんだよ! 瑞希ぃッ!」
 最初に掲げたみんなで助かろうという決意、もうかなわない願い。
 いなくなってはじめてわかる。
 最初に無くしたものは、一番大切なもの。
 一歩も前に進むことが出来ない。
 もうどうでもよくなった。
 すべてを投げ出したくなった。

 すでに肉体は自らを支えることを放棄し、地面に突っ伏していた。
「みんながいても……瑞希がいないんじゃぁな……」
 そうつぶやき、和樹は意識を闇に閉ざした。

 が、その闇から開放されたのはすぐだった。
「こんなところでなにをしておる、まいぶらざー」
 聞き覚えのある声、その声の方向に身を起こす。
 そこにいたのは九品仏大志(034)だった。

「大志か…」
 力の無い声で返事をする和樹。
「どうしたのだMy同士、なにがあった」
「瑞希が……瑞希が……」
 そう応えるのが精一杯だった、そこから先は言えなかった、涙をこらえるので精一杯だったから。
 だか大志はいともあっさりと返す。
「ああ、知っている。我輩がやったのだから」
 和樹の時が止まった。

 大志の言葉はやけにあっさりとしたものだった。それが当然だといわんばかりに。
「おい、大志……いまなんつった」
「我輩が殺したのだ、まいしすたー瑞希を」
 その言葉が終わる前に、身体が動いていた。全力で大志を殴りつける。
「大志…てめェ…なぜ殺した!」
「邪魔だったからな」
「貴様ぁッ!」
 もう一発、和樹は大志の顔面を殴りつけた。
「仕方あるまい、ここはそういう世界だ。殺らなければこちらが殺られる。我輩は死ぬわけにはいかんのだ!」
 和樹は腹部に鈍い衝撃を受け、崩れ落ちる。
「和樹よ、一時期とは言え貴様と我輩は同じ目的のために戦った同士だ。よって今回は命は助けてやろう」
「ぐっ…待ちやが…れ…」
「もう二度と我輩の前に姿をあらわすな。我輩は貴様を殺したくはないのでな」
 先ほどとは違った感覚で意識が闇に包まれていく。
「……すまない、あさひちゃんの為、我輩は修羅に落ちるしかないのだ」
 薄れゆく意識の中、そんな言葉が聞こえた気がした。

[←Before Page] [Next Page→]