×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

森の出会い


[Return Index]

少年は、往人と分かれたあともなお森を闊歩していた。

先ほど流れた放送は、何名かの死を告げていた。
郁未はまだ生き残っているようだ。
それだけを確認して、少年は前に進んだ。

右肩にずっしりとした重み。
まだ一回も開いていないこの鞄だったが、
これをあけずにすむならどんなにいいか、
そんなことをつい考えてしまった。

北上しているつもりだったが、
磁石があるわけでもないので確証はもてない。
しかし、”スタート地点”の位置を考えれば、
おそらくこの方向であっているはずだった。

あたりは静かだった。
静かだが、確実な歩み。
そう思うと、この狂った環境でも不思議とやる気が沸いてくるものだ。

そんなことを考えつつ、十分ほどの時が過ぎる。

先ほどから視界に入るものといえば、
鬱蒼と生い茂る木々だけであった。
耳に入るものと言えば、
微風にざわめく葉の摩擦音だけのものであった。
だが明らかにその均衡を破る不和が分かった。

荒い吐息だった。

誰かが近くにいるようだ。
これはどうすべきかな……、
少年は少し迷った。
手負いの人間が相手になるのは避けたかった。
特に、一般人であればあるほど錯乱しやすいものだ。
そしてそれ以前に、無駄な戦闘は極力避けたかった。

歩みを止めてはいなかったので、
とうぜんその声の主へとどんどん接近していた。
当然呼吸音もより精密に聞こえてくる。

……おや?

どうも違う。
錯乱状態や極度の緊張から来るものかと思ったが、
それにしては呼吸が激しすぎる。
あからさまに痛みと苦しみを訴えている。
そしてそれに混じったかすかな音声……。

女の子だ。

少年は特に気づいた様子も見せず、自然体で進んでいく。
するとちょうど見えてくるその呼吸の主。
脇の方でうずくまっている女の子の姿。
056番立川郁美だった。

その様子を一目見て、少年は彼女が心臓を患っているのが分かった。
「……これはほっとけないね」
郁美に接近する少年。
だがよほど苦しいのか、彼女はそれに反応できない。
「大丈夫……じゃないね、とりあえずここにいてもしょうがない。
 移動させてもらうよ」
そういうと彼は鞄を肩に引っ掛けたまま、器用に郁美の事を抱き上げた。
「ちょっと揺れるかもしれないけど我慢してね、
 といってもそんなこと考えている余裕無いか……」
見た目に似合わない腕力だった。
郁美の鞄ごと抱き上げているというのに、
少年はまったく重たそうなそぶりを見せなかった。
そしてそれまで向かっていた方向ではなく、横道にそれて歩き出した。

ざっざっざっざっ……。

それまで聞こえなかった彼の足音が、
今は水を打ったような静けさの森の中に響いていた。
郁美の荒すぎた呼吸も、その様子を少しずつ穏やかにしていった。
「少しは収まってきたか……、発作だったのかな」
「……ハイ」
か細い声で、郁美は彼の独り言に返事をした。
「……大丈夫なのかい?」
「いつもの……ことですから」
儚げな微笑を浮かべる郁美。
少年はいつもの通りの笑顔で返した。
「薬はあるかな? 調合しようかとも思ったけど発作なんでしょ?
 だったら常備薬みたいなのがあるよね」
「ハイ……、たしか、私の鞄の中に……」
言いかけて郁美ははっとしたような表情をした。
「私、鞄を忘れてきたかもしれません……」
「それならここさ」
少年は腕下に下がる鞄を示して見せた。
「よかった……」
郁美は安堵した表情になった。

「こっちの方に、たしか学校があったはずなんだ」
「そうなんですか?」
「うん。そこに行けば保健室が使えるし、水道も確保できる。
 ガスが生きていればお湯も沸かせるかもしれない。
 少なくとも、森の中よりはいいかと思ってね」
まあうろ覚えなんだけどね、と少年は屈託なく笑った。
「ふふっ」
郁美もつられて笑ってしまった。
この島にきて、はじめて安心感を感じられる瞬間だった。

「外傷が無かったのは幸いだったけど、
 何でそんなに走ったんだい?」
少年が問う。
郁美は、分かりますか?と少し不思議な顔をした。
「心臓を病んでる人がそんなに無理しちゃいけないな。
 それとも、誰かに追われていたのかな?」
郁美は横に首を振った。
「鞄を渡されて……、それで放り出されて……、気付いたら一人だったんです。
 そう思ったら、なんだか怖くなっちゃって。
 がむしゃらに走り出しちゃったんです。
 おかしいですよね?
 こんな体じゃあそんなに遠くまで行けるわけ無いのに……」
幼い様相に似つかわしくない、
ひどく自虐的な笑みだと少年は思った。

「そんなことは無いさ」
えっ、
と驚いた表情で郁美は少年を見た。
「誰にだってできないことはある。
 確かに傷つけば、前へ進むことが怖くなる。
 でも、傷ついた翼だって、傷がいえればまた飛べる。
 今できないからといって投げ出すものじゃない。
 それは君が一生付き合っていくものなんだから」

終始一貫した笑顔を少年は保ち続ける。
だがその言葉の重みは、
郁美にとって彼の表情など忘れさせてしまうほどのものだった。

「そう……ですよね。ダメですよね、そんなこと言ってちゃ」
郁美は吹っ切ったような表情で彼に言った。
少年はいつもの笑顔でそれに答えた。
だが、そんな一瞬の感傷で癒されるような傷でもなければ、
気持ちだけで治るほど郁美の病が軽くないことも
少年には分かっていた。

……、
…………、
……………………。

無言の時間が続く。
だがそれにも終わりが来る。

「……見えてきたよ」
「……わぁ」

森の終わりは海岸線へと続いていた。
今二人の前には、穏やかに波打つ海が広がっている。

「あるね、学校」
気のせいか、彼の口調はいかにもほっとしたような感じだった。
彼は海岸からややずれた方向に目を向けていた。
そちらの方角には森が広がっておらず、
整備された道と学校が隣接しているのが見て取れた。

「あ、私もう大丈夫です。ここからなら歩けると思います」
郁美はそう主張した。しかし、
「無理はすること無いよ。それにせっかく自分の足で歩かずにすむんだ。
 楽はできるときにしておいたほうがいい」
結局少年は、その申し出を却下した。

「特別サービスさ」
そんなことを言って、彼はなんとその状態から走り出した。
森の出口から学校の入り口まで、あっという間だった。


郁美は、風を切る気持ちよさを久しぶりに感じた。

[←Before Page] [Next Page→]