×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

 銃声が聞こえた。
 まさか――
 栞と別れたのは、今さっきだ。
 人の気配なんてなかったはずなのに。
 まさか――
 まさか……
 まさかっ……!?

 世界が色を失った。
 最愛の妹が、笑顔で横たわっていた。

「うそ……でしょ……
 ねぇ、しおりぃ、うそだよね?
 ねぇ? ねぇってば? どうしてへんじをしてくれないの?
 ねぇ、しおりぃ……」
 栞の死体に向かって叫ぶ。
 反応はない。当然だ、死んでいるのだから。
 理解はしていた、こんなことは無駄だと。
 だけど、感情の一番奥で、その事実を認めることができなかった。
「大声出すと、近所迷惑ですよ?」
「――っ!?」
 目の前に三つ編みの女の子が立っていた。
 その女の子は血のついた制服を着て、右手には銃を持っていて。
「あなたなの? 栞を殺したの……」
「はい」
「……あなたが……あなたがぁっ!!」
 ばっと立ち上がり、メリケンサックをはめた右手で殴り掛かる。
 茜はその動きを読み、無理のない最低限の動きでかわしてみせた。
 すれ違いざまに足をかける。
「!?」
 そしてそのまま、バランスを崩して地面に倒れ伏した香里に、ナイフを突き刺した。

 香里は全身の力を失い、立ち上がることさえできなかった。
 立って、栞の仇を……
 この女を、殺してやりたいのに。
 痛みと悔しさに、涙がこぼれた。
「……どうして……どうして栞が……」
「あなたの妹さんですか。あなたが側にいてやれば、こんなことにはならなかったと思います。
 どちらにしろ、私が殺したと思いますけど」
 そうだ、自分はやはり離れるべきではなかったのに。
 ずっとずっと、側についていなければならなかったのに。
(私が栞を殺したも同然だわ……栞……)
 絶望に沈む香里に追い討ちをかける言葉。
「妹さんの伝言です。私が死ねば、お姉ちゃんの足手纏いにならなくてすむと。
 妹さんの思い、無駄になりましたね」
 香里に同情するつもりはさらさらなかった。
 わずかな時間とはいえ、大切な人の側から離れたのだ。
(自業自得……)
 本当に大切なら、何があっても一緒にいるべきだ。
 それは自分に対する戒めでもあった。
 幼馴染みを、この世界につなぎ止められなかった、自分への。
 香里の心は、最後に別の方向へ向いた。
「……相沢君、恨むわよ……」

(相沢……ゆういち。
 相沢祐一……まさか、本当に?)
 香里の死体からメリケンサックを抜き取りながら――格闘はあまり得意ではないだろうが、何か役に立つかもしれない――茜は思った。
 このゲームで、絶対に私には殺せないだろう人がいる。
 それは当然、柚木詩子。
 もし本当に、相沢祐一がここにいるのなら。
(――殺せる? 私は……)

085美坂香里 死亡
【残り84人】

[←Before Page] [Next Page→]