×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胸中@柏木耕一


[Return Index]

よ、親父……あの世でも元気にやってるか…
俺は元気…と言いたいところだけど、あまり元気じゃない。

初めて人をこの手にかけた。
これも正当防衛っていうのかな?
でも、そんな考えは偽善でしかないよな。

今ここでは理不尽な殺戮ゲームが行われてる。
そう、本当に理不尽さ。
護りたい大切な人達がいる。
そして心の底からみんな助かればいいって思ってる。それは本当だ。
だけど、俺の罪も含めて何人もの犠牲者がでてしまっている。

俺は大切な人のため、今走ってる。
俺は、俺であるためにこの先また他人に手をかけてしまうかもしれない。
そして、いつか俺が俺で無くなってしまうことが恐いんだ。

なあ、こんな俺にも笑いかけてくれるかい?親父……


今、一人の女の子と一緒に行動してる。
今日、こんなところで初めて会った女性(ひと)だけど、信頼できる子だ。
今回の件では、いろいろワケ有りらしいんだけど。
俺は、人を見る目はあると思うんだ。

その子は自分を犠牲にしてまで俺を救ってくれた。
衣服がなかった俺に、服を貸してくれたんだ。
おかげで彼女は萌え……いや、痛々しい格好で歩いてる。
まあ、俺はもっと痛々しいかもしれないけどな。
裸に短めのスカート一枚…はは、参るぜ。
梓に笑われちまうぜ…次から変態確定だな。
初音ちゃんなんか『お兄ちゃんのH〜』とかいいながら手で顔を押さえて逃げちゃいそうだし。
当然顔は真っ赤だ。
楓ちゃんもきっと…いや、あの娘はあの娘で意外性に富んでるから
手で顔を覆い隠しながらも、微妙にその指が開いて…ゲフンゲフン
千鶴さんなんかは…
『耕一さん…あなたを…殺します!』
……………………………………………………………………………………。
まあ、千鶴さんにはきっとシャレですむよ、うん、ははは…

スカートが風にまくれる事で、こんなにドキドキしたの何年振りだろう…


なあ、こんな俺にも笑いかけてくれるかい?親父……

[←Before Page] [Next Page→]