×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

殺害者


[Return Index]

歩道を行く影が一つ、
氷上シュンである。
彼は観鈴を晴子に預けたあと、
ただあても無く歩いていた。
それでも、意味も無く殺し合いに参加することだけはしない、
そう、心に誓っていた。

むしろこの状況に順応できず、
愚かにもゲームのってしまった人間に
わけもわからないうちに殺されていく人間も多いのではないか。
そう思った。

恐い。
確かに恐い。
でもそれ以上に痛い。
心が痛い。
それはつい昨日まで笑いあっていたような友達が
次の瞬間どこにもいなくなってしまう恐怖。
そして、
そのような友達と呼べる人間が、
殺す側に回ってしまうという恐怖。

違う。
絶対にそんなことは間違っている。
シュンは思った。
みんなで生き残る方法がどこかにあるはずなんだ。
そのためには、みんなで協力しなくてはならない。
殺しあうなんていけない。

本当の敵は、このゲームを仕組んだ連中なのだから。

既に幾人もの命が奪われている。
本来なら一刻の猶予もならない。
しかしシュンには策が無かった。
一人で首謀者のところに乗り込んでいっても、
あっさり殺されるだけだろう。

死にたくない。
いや、もともと余命幾ばくも無かったこの体だ。
もうそれはいい。
せめて、無駄死にはしたくない。
おそらく僕はここで死ぬだろう。
誰かに殺されるかもしれない、
その前に体が限界に来るかもしれない。
だけど、僕がそうなっても
まだたくさんの人間が”ここ”に残される。
彼らに何か残しておきたい。
特にも、浩平君には。

考える。
何度も頭を悩ませる。
しかし総じてそれは、
何もできないという結論に落ち着いてしまう。
せむかたもなく、シュンは歩いていた。

「永遠の世界ですら、ここよりは近い場所だったと思うよ」

シュンは一人ごちた。


肩にずっしり重い荷物。
中身を見ても、シュンには良く分からなかった。
「貧乏くじだったのかな」
苦笑する。
でも逆に拳銃とか、刃物でなくて良かったとも思う。
そんなものを扱いたくはないし、
扱えるとも思わなかったから。

整備された歩道を歩く。
森の中や、島の中心近く……いわゆる山を行くより、
よほど楽に行ける。
だがそれに反して足取りはひどく重い。
気持ちというのはこういうところに現れるものなんだな。
シュンは改めて理解した。

百人という人数――もうその数ではなくなったが――がいたというのに、
なかなかほかの人間のと会わないものだ、と思う。
「……いや、殺しあうくらいなら顔をあわせないほうがいいか」

彼は立ち止まった。
視界に商店街が入ったからだ。

「これは……静かだな」
本来ならもっと活気があってしかるべき場所だった。
それだけに、シュンの目にはそこがさびしく映る。

入るべきか?
そうしないべきか?

シュンは迷う。
誰かいるのかもしれないが、
それが悪意ない人間だとは限らない。

そのとき、


キ―――――――ン。


辺りに巨大な爆音が響く。
その影響で、耳の機能が一時的に麻痺した。

「何だ……、一体?」

……近い。

シュンはその音の残滓を便りに、
爆発の中心へと向かった。

「これは――」
そこはひどいことになっていた。
整備されていたはずの道が粉々に飛び散り、
まるで原型の分からないことになっている。
その規模、半径8,9メートルといったところか。

中心には黒い消し炭のようなものが残っていた。
……そして、それがかつて人であったものだということに気付くまで、
少しの時間を要した。

「こんな……、馬鹿な」

絶句するシュン。
こんな、こんなことって無い。
人間の尊厳を完全に無視している……。
この人たちにとって、死すらも満足に与えられなかったようなものだ。
だって……、
この人たちは、人間らしい死ではなく
単なるものとしての最後を迎えらされてしまったのだから。
同じ死、だけど……こんなにひどい死もない。

「あなたたちは馬鹿だよ……」


「馬鹿はあなたです」
「!?」

ダァン!

一発、響く銃声。

「が……」
銃弾を受け、倒れるシュン。

爆発地をまたいでちょうどシュンの反対側から
発砲したものが姿を現した。

――里村茜。

茜は倒れたシュンに近づいて言った。
「しょせん、死んでしまえばただの肉塊に過ぎません」
「ふふ……、君か……。まさか君にやられるとはなぁ……」

倒れたままで、彼は小さくつぶやいた。
幸運にも銃弾はシュンの急所を外れていたのだ。

「まだ、息があったんですね。でもここまでです。
 一人で永遠へ行ってください」
「……永遠は、死が、その入り口足り得るばかりでは……無いよ」
「…………」
顔をしかめる茜。
そして彼女は再び、コルト・ガバメントをシュンに向ける。

「そこまでだ」
「!?」

驚愕の表情をあらわにする茜。
そのセリフはシュンが言ったものではなかった。

商店街のほうから現れた三人目――。
国崎往人は、静かにデザート・イーグルを構えていた。

[←Before Page] [Next Page→]