×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

割とのんびり


[Return Index]

「ちっ……」
御堂は思ったよりもイラついていた。
「勘がにぶったのかもしれねぇな。」
戦場でのそれは、死を意味する。
強化兵としてのそれに頼りすぎていたのかもしれない。
御堂は神社へと足を運んでいた。
もちろん気配は殺してだ。
並の人間には御堂の姿は恐らく見つけられないだろう。
「にゃ〜ご」
いや、見つけるのはたやすい。
「騒ぐなクソ猫。」
「ゴロゴロゴロ」
「ちっ!!」

御堂のイラつき。それは道具の調達がままならないことにあった。
誰との遭遇もない。…いくらかの死体は目撃したが、すでに持ち去られた後なのだろう、何もない。
手元に残る道具は、「げるるん」という名のジュースのみ。
「喉が潤わねぇぞゴルァ(゚д゚)」
というか、この液体…いや、物体は喉を通らない。
「てめぇ、こんなモノだけ器用に残しやがってっ………!!」
「にゃー」


「ツイてるぜぇ……」
御堂がこの島にきて、一番の微笑。
「にゃっ!?」
ぴろが猫なりに顔をひきつらせる。――可愛くない――
「みろよ相棒、俺の得意武器だぜぇ…!」
軒下に一丁の拳銃。
「デザートイーグルだな。口径は50、へぇ、結構でけぇじゃねぇか。」
上機嫌でベルトにそれを忍ばせる。
「よぉ、相棒、今から行動を開始するぜぇ。」
「にゃあ。」

岩切が殺られた。それは当然御堂の耳にも入っていた。相手は蝉丸か、それとも……
「まあ、行動しようぜ、慎重によ…ククク。」
そして御堂の気配は山中へと消えていく。ただ猫の気配だけがあたりに漂っていた。


御堂→【デザートイーグル回収】

[←Before Page] [Next Page→]