×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

狩るものと、狩られるもの。


[Return Index]

 金色の髪をした女は動かなかった。
 私は、その場からとりあえず立ち去ろうと思った。
 生きていても、生きていなくても、この場にいるのはどっちにしろ危険だと思ったからだ。
 逃げようとした瞬間、その金髪の髪をした女はこっちを向いて、
「ハンターチャーンスッ!」
と叫んだ。

 私は、その声を聞いた瞬間逃げ出していた。
 殺される。そんな気がした。だから全力で走って逃げた。

 どれくらい走っただろう。もう、大丈夫?
 そう思って後ろを振り返った。
 そこに、彼女はいた。
 手には、銃を持っているようだった。
「Hey You! 覚悟するネーッ!」
 彼女は私に向かって引き金を、引いた。
 ぴゅー。
 勢いよく、水が飛び出て、私の体にかかった。
 「あうーっ! 水嫌いー!」
 「なんで、ハンティングできないノ? なんで?」
 レミィは、木から落ちたせいもあって、錯乱していた。
 発射される水、水、水。
 逃げまわる真琴。
 森の中で、そんな子供の遊びのような、ほほえましい光景が繰り返されてたいた。 しかし、どっちも真剣だった。

 それの終焉の時、それは唐突にやってきた。
 脚をすべらせたレミィが、崖から転落したのだった。

 「な、キャアアアアアアアアアッ!」

 私、沢渡真琴はなんとか助かったみたいだ。
 しかし、いままで溜めた食料は逃げていた途中で半分以上落してしまった。又、集めなおそう。そう思って私はまた、森の中、食料を求めて探し回ることにした。

[←Before Page] [Next Page→]