×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

思わぬ落とし穴


[Return Index]

「何………爆発?」

遠くの方で爆発音がしたのを牧村南(080)は聞いていた。

「物騒ね、離れましょう。」

そう言うと南は爆発音とは反対方向に歩き出した。
(なるべく戦闘は避けたい、不用意に人との接触するのは避けるべきね。)
彼女は平和主義者だった。

「でも、いざとなったら私はこれを使えるのでしょうか。」

そう言って彼女がバッグから取り出した物は十字手裏剣だった。
しかも、理論上銃弾をもはじく超硬鋼鉄で作られた手裏剣だ。

「…ちょっと練習してみようかしら。」

南は一本の杉の木の前に立った。そして木の幹目掛けて手裏剣を投げた。
カッ、カッ!
二枚投げて二枚ヒットした。

「あら、以外と簡単ね。」

カッ、カッ、カッ!
三枚連続ヒット。
カッ、カッ、カッ、カッ、カッ!
五枚連続ヒット。

「使えるわ、これ。よおし、今度は。」

カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、カッ、カッ!
十枚連続ヒット。

「これでいざという時も安心ね。」

そう言うと、幹から手裏剣を引き抜き始めた。

「!?」

南は鼻に感じる香ばしい臭いに気がついた。

「あら、アーモンドの香り………気を付けないと」

南は悟った、手裏剣に青酸カリが塗られている事を。
慎重に20枚を引き抜き終わると。再び人気のない方向に歩きだした。

【残り 82人】

[←Before Page] [Next Page→]