×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「私、これからどうすれば…」
鬱蒼と茂る森の中、周囲よりもひときわ幹の太い木の根元で、長谷部彩(071)は一人
うずくまっていた。彼女の手には、鞄の中に入っていた武器、Gペンが握られていた。

(このGペンは普通の物と違いエッジがナイフのように鋭く研がれているのだが、この
時点では気づいていない)

もう何時間こうしているのだろう。早く動かないと誰かに見つかってしまう…
そう思い、そろりと立ち上がろうとしたとき、遠くから銃声が響いた。
「きゃっ…」
その場にへたり込んでしまう。

「早く動かなくちゃ…」
震える足を勇気づけて、ようやく立ち上がったその時、木の陰から何かの気配がした。
「きゃっ!」
咄嗟に、手にしたGペンを振りかざす。

カチン!
彼女の唯一の武器は、呆気なく弾き飛ばされた。
「ごめんなさい…、ごめんなさい…」
かすれるような声で彩がつぶやく。
「ごめんなさい…、ごめんなさい………」
森の中を、一瞬静寂が支配する。
彩が伏せていた顔を起こすと、そこには出刃包丁を持った少女が立ちはだかっていた。

「あ、あの…」
「あ、気にしないで。あなたを見てると、何でだか知らないけど放っとけなくって」
「あ…」
彩は、崩れ落ちるようにその場にしゃがみ込みながら、すすり泣いていた。
「ありがとうございます…、ありが…、ひっく…」

「も、もう、何泣いてるのよ。気にしない気にしない」
「あ…、はい」
「ねえ、名前何ていうの? あ、私は江藤結花(009)」
「長谷部…彩です…」
「そう。じゃあ、彩ちゃん、でいいかな? 良かったら一緒に行動しない?」
「あ…、はい」
「うん、それじゃあ行きましょ!」
「あ…、待ってください。私のペンが…」
彩はおもむろに、地面をまさぐりだす。
「もう、そんなのどうでもいいじゃない」
「いえ…、私の大切なペンですから…」
先ほどの位置から2,3mほど離れた位置に、ペンは転がっていた。
そのペンを拾い上げて、
「ごめんなさい…」
「うん、行こう!」
二人はゆっくりと歩き出した。

[←Before Page] [Next Page→]