×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

茜色の空


[Return Index]

 油断した。こんなところで撃たれるとは。
 幸い、肩の傷はそれほど致命傷にはなっていないようだった。
 口ではあんなことを言いつつ、あの男の人は、自分が甘いということに気付いていないようだった。
 氷上を助けたいなら、何も言わず私を撃てばよかったのに。

(少し、疲れました)

 水を取り出そうと、鞄の中を探る。
 ――ナイフ……

 最初に人を殺したときを思い出す。
 上月、澪。
 言葉が喋れないハンデを負いつつも、無邪気な笑顔を絶やさなかった。
 こんなに冷たい自分にとって、本当に愛すべき後輩だった。
「澪……」
 自分を見つけて、あの子は安心していた。
 私に泣きついてきた。
 だからこそ、私は――殺した。

 生き残るには二つの方法があると思った。
 言うまでもなく、参加者の皆殺し。
 そしてもう一つ、主催者の裏をかく、脱出。
 どう考えても、皆殺しのほうが現実的だ。
 仲間を集めて、共通の敵を倒す?
 綺麗事だ、裏切られたらどうする?
 敵を追い詰めて、ヤケになって何らかの手段で私達を皆殺しにするかも。
 いや、その手段を敵は持っていたのだ、さっきの放送で。
 絶対に生きて帰る。その為には、確実性の高い方を、選ぶ。
 皆殺し――こんな言葉が自分の人生に深くかかわるなんて、思いもしなかった。
 あそこで澪を殺さなかったら、その後誰も、私は殺せなかっただろう。
 だから、選んだ。
 たとえそれが、『人間』として最低な行動であってもだ。
「涙もない……我ながら大したものです」
 自分の中の譲れないもののために、人を捨てる。
 いいことじゃないか?

 氷上の言葉を思い出す。
 あなた達は馬鹿だ……馬鹿だって?
 誰かはわからないが、彼等は彼等で最後まで懸命に生きたはずだ。
 彼はそれがわからなかったのか。
 気がついたら撃っていた。
 自分の行動が全否定されているようで。
 あの人のことを諦めず、雨が降るたびに空き地へ足を向ける。
 形は違えど、自分の思いに懸命だという点では同じだ。
 その――あの人への思いを否定されたようで。

 名前も覚えていない姉妹を思い出す。
 姉の為に、自らの死も厭わなかった妹。
 本当に姉の為になっているのか。
 それは誰にもわからないけど、あの子の中では確かだった。
 それはそれでいいと思う。
 残された者はつらいけど。
 あの子もまた、自分の想いに精一杯だった。

 姉。
 向かってきたから、刺した。
 どうして妹が死ななければいけないのか? と言っていた気がする。
 それを言い出したら、人間皆、どうして死ななければいけない?
 それにあの人は、自業自得だったと思う。
 危険を承知で離れ、その結果が出てしまった。
 殺したのは私でも、選んだのは自分だ。
 それをわかっていなかったような態度が、嫌いだった。

 でも、今にして思う。
(手、繋がせてあげればよかった……)
 それは感傷だ。
 そんなことはわかっている。

 自分の想いに忠実に生きている人がいる。
 それがもし自分の道と衝突したら、全力で排除しなければいけない。
 私を撃った男は、だからこそ私を撃てると言った。
 同じだ、だからこそ、私も戦う。
 譲れない、絶対に。
 あの人のことを想いながら過ごす、終わりのない日々に帰るために。
 ずっとずっと、あの人を待つ為に。

 詩子……。
 こんな私を見たら、絶対悲しむ。
 だから、詩子にだけは会いたくない。
 詩子に会ったら、私はどうすればいいのかわからない。
 それに――
「祐一……」
 彼に会ったら、私はどうすればいいんだろう。
 詩子と祐一と私で過ごした一年間。
 それは、詩子とあの人とで過ごした時間に似ていた。
 祐一が転校しなかったら、私は――

 浮かんだ考えを否定する。
「……矛盾だらけですね、私」
 頬のあたりに、何か走った。
「……涙?」

 そして茜は、あの人を失っていらい始めて。
 声を上げて、泣いた。

「とにかく……私は生き残ります。
 絶対に、あの雨の空き地へ」

 空を見上げる。
 自分と同じ名前の色を持つ空に、そう誓った。
 風が吹いてきた。
 風は、風の向かう場所へ。
 私は、私の向かう場所へ。

[←Before Page] [Next Page→]