×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[Return Index]

「人だ……」
 沙織は、ハサミを強く握りしめながら呻いた。
「殺さなきゃ死ぬ……殺さなきゃ死ぬ……」
 何度も自分に言い聞かせる。人を殺す恐怖よりも、自分が死ぬかもしれない恐怖の方が勝っていた。
 暗くて良く見えないが、相手は何か剣のような武器を二本持っているようだ。だが、もう他の人間を捜す時間は無い。
 躊躇は死に繋がる。沙織は、一気に走り込んだ。
「やあああああっ!」
 刀を構えた相手に、一気にハサミを突き出す。
「うわわ」
 相手は、緊張感の無い声をあげながら、刀の根本でそれを弾いた。
 一呼吸後に迫ってきた刀を何とかかわしながら、何とか体勢を整える。
「行くよ」
 やる気のない声と共に、白刃が閃く。沙織は持ち前の運動神経でそれをかわしながら、
 身体を思い切り低くして水面蹴りを放った。
「あっ!」
 初めて相手が大声を出した。転ばす事は出来なかったが、確かに大きく体勢が崩れた。
「死んで! お願い!」
 目をつむりながら、沙織はハサミを相手に突き刺した。
「うっ」
 くぐもった悲鳴。しかし同時に、自分の肩にも灼けるような痛みを感じた。
「……つっ!」
 相手が手放した刀が、自分の肩にぶつかったらしい。深くは無いが、鋭利な痛みだった。
 沙織は素早く刀を奪い、飛び退いた。相手が倒れた事を確認し、反転した。
「やった、これで助かる……」
 暗い喜びを感じながら、沙織は言葉とは逆に泣いていた。
 人を、殺した。自分が、助かる。
 涙の理由は、考えるまでも無かった。

[←Before Page] [Next Page→]