×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビバ!眼鏡っ子


[Return Index]

気がつくとリアンは堅い木の床の上に寝かせられていた
どうやらどこか民家の納屋の中らしい、自分の下にはビニールシートが引かれていた。

「ここは?」
「あら、気がついたんですね。」

リアンが声のするほうに振り向くとそこにいたのは眼鏡をかけた女性だった、
女性はこんな状況にふさわしくないのほほんとした感じで納屋の中を物色していた。
ほんわかしているがどこか芯の強そうな顔、その顔にちょっとずれた眼鏡が似合っている。

「路地裏なんかで寝ていては風邪を引きますよ」
「運んでくださったんですか、ありがとうございます。」

そうだ、自分は結界の防御装置にやられて動けなくなっていたのだ、
放送を聞いていたはずだが内容も所々しか思い出せない。

「よっぽど眠かったんですか?そういえば私もこの前…」
「あの、よっぽどねむかったとしても路地裏で寝る人はいませんよ(汗)」

二人は互いに自己紹介をした、こののんきな女性の名前は牧村南といった、
自分は結界を壊すために社へ行かなければならないという事を告げると彼女は協力すると
言ってくれた、それはありがたかったのだが協力する理由を聞いたときに
「眼鏡っ子に悪い人はいません」といわれたときにはちょっと目眩がした。
彼女が自分を助けてくれた理由も自分が眼鏡をかけていたから?
リアンはその事についてあまり深く考えない事にした。

「リアンちゃん、協力しましょう、握手。」
「あ、はい、こちらこそよろしくお願いします、あれ?この傷は?」

南の手のひらには一本の切傷があった

「これはですね、さっき武器の練習をしていたときに自分でやっちゃったんです
ちょっとしびれましたが今は大丈夫ですよ」

と、彼女は自分の武器だと言う手裏剣とビンに入った液体を見せてくれた。

「!!これって!」

ビンの中身は猛毒だった、手裏剣に塗ってあるものと同じで血液から全身に回るタイプのものだ
痺れるなんていうものじゃない、少量が体内に入っただけで即死もありえるほどの強力なものなのに

「牧村さん、本当に大丈夫なんですか?」
「南でいいですよ。私は昔から結構体は丈夫でしたから。」
「ええっと…これは本当に強力な毒なんですよ。」
「さあ、そういうことはよくわからないですから。」
「…(汗)」

わからないというだけでどうこうできるものじゃないと言いかけたがやめた、多分無駄だろう
とにかく協力者が出来たのは心強かった、なにせ自分の武器は

「リアンちゃんの支給品も面白いわね。これなんか限定非売品のレアカードなのよ。」

武器ではなかった、支給されたのは

桜井あさひトレーディングカード(全108種、バインダー付き)だったのだから。

[←Before Page] [Next Page→]